看護師の仕事は、主に医師の診断や治療のための補助や患者さんのケアを行います。

患者さんの様子を常に観察し、わずかな変化も見逃さずに、医師に報告しなければなりません。

常に気が抜けない仕事と言えるでしょう。

看護師がやりがいを感じる瞬間

看護師の仕事の内容と流れは、どのようになっているのか、またやりがいを感じるのはどんな時かを知っておきましょう。

看護師が行う具体的な作業は、検温、血圧を測る、ガーゼや点滴の交換、口腔ケアや全身清拭、食事介助などがあります。

業内容を細かく挙げると、もっとたくさんあります。

これらの作業の他に、患者さんの心のケアという大事な仕事があります。

病気やケガで入院している患者さんは、心が弱っている人が多いです。

治療についての不安も持っていることでしょう。

患者さんの心のケアが大切

そんな不安を和らげるのが、看護師の仕事です。

また、患者さんの治療が円滑に進むように、医師や臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などとの連携をスムーズにするのも看護師の重要な仕事となっています。

医療はチームで行うものなので、連携がスムーズにいっていないと治療がうまく進みません。

それをうまくまとめていくのが、看護師の仕事でもあるのです。

看護師の仕事はとてもハードです。

実際に、精神的、体力的に疲れてしまって辞めてしまう人もいるくらいです。

患者さんが元気に回復したとき

しかし、大変な中で患者さんが回復して、元気に退院していく姿を見るとやりがいを感じるという人が多いです。

自分が担当した患者さんが回復し、感謝された時はこの仕事をしていて良かったと感じるそうです。

まとめ

看護師の仕事は、多岐に渡り、決して楽なものではありません。

ただし、町の診療所やクリニックだと比較的体力的に楽な職場もあります。

給料が高いからなりたいという人もいるようですが、それなりに仕事はハードであることを忘れないようにしてください。

厳しい仕事ですがやりがいも大きいので、看護師になりたいと考えている人はしっかり勉強をして目指してみましょう。