医師にとっては、ドイツ語は必要不可欠な言語と言われていますが、同じ職場で働く看護師にとっては、職務を遂行する際に、ドイツ語はそれほど必要ではありません。

看護師と外国語

どうしても必要な言語なら、看護学校でしっかり学ぶはずですが、看護学校で第二外国語としてドイツ語を軽く学ぶことはあっても、働き始めてからは使う機会が無いため、看護師として働いている人の多くは「ドイツ語は全く分かりません」という人が大半ではないでしょうか。

しかし、カルテとかクランケなど医療業界ではドイツ語が日常的に使われることが多く、看護師にとってもドイツ語はなじみのある言語であることは間違いありません。

そのため、働きながら自己啓発にも力を入れたい人の中には、ドイツ語の勉強をする人もいます。

看護師としての教養

それが直接仕事に影響することは、少ないのですが、ドイツ語を学習することによって日常業務でよく使う単語が「これもドイツ語なのか」と知ることは、医学の世界や歴史をもっと深く知りたいという考えるきっかけにもなるでしょう。

ドイツ語を勉強する看護師の多くは、自分が空いている時間で勉強できるオンライン教材を利用しているようです。

不規則な勤務時間で働くお仕事なので、いつも決まった時間にクラスに足を運んで受講することは難しいですし、疲れている体に鞭打って学校まで足を運ぶことは、看護師にとっては大きな労力になってしまいます。

しかし、自宅で受けられるオンラインレッスンなら、自分の予定に合わせて好きな時に好きな分だけ勉強できるので効率的に学べるのではないでしょうか。

ドイツ語が大好きな人なら、看護師留学でドイツを選ぶという方法もあります。

これはドイツの病院で働きながら、お給料も受け取ることができるというもので、自己啓発として学んだ語学を本場で活かすことができる機会になります。

まとめ

看護師として、海外の医療事情を肌で感じることができるので、留学後には広い視野を持って仕事を続けることができるでしょう。

自己啓発には、とてもプラスになりますし、海外のツアーナースやNGOで働きたいという海外志向の看護師さんにとっては、ドイツ語や英語力は必要になりますね。