看護師の制服にはポケットがついているため、仕事に必要な道具を入れて常に持ち歩いているという人は多いものです。

例えば、胸ポケットにはボールペンを入れている人はとても多いですし、ボールペンでも2色以上を使い分けられるタイプのものとか、油性マジックも常備している人もたくさんいます。

看護師が印鑑を使う頻度

また、印鑑を使う機会が多いため、ボールペンに印鑑がついているものを愛用している人は多いようです。

手元にないと、わざわざ看護ステーションまで取りに行かなければいけないため、普段よく使う物はポケットに入れておいた方が労力や時間の節約にもつながるのです。

また、看護師が働く職場では、絆創膏が活躍するシーンがとても多く、持ち歩いている人は多いですね。

点滴の後にサッと綿花で抑えて絆創膏で固定したりとか、患者さんに頼まれることも多いため、いくつかの種類を持ち歩いているという人もたくさんいます。

小児病棟に勤務する人だと、子供が好みそうな可愛い絆創膏が何種類もポケットに入っているということも珍しくありません。

看護師が持ち歩く道具

看護師が常に持ち歩いている道具には、電卓やタイマーなどもあります。

看護師の仕事をよく知らない人だと、電卓を何に使うのか疑問を感じるかもしれませんが、患者さんに点滴を行う際、落下数を計算する必要があるため、電卓はそのたまに使います。

タイマーは、バイタルチェックなどで使いやすい便利なアイテムなので、時計の代わりにタイマーを使って時間を測るという人は多いようですね。

ペンライトも看護師ならではの便利な道具と言えるでしょう。

ペンライトと言うと、アイドルのコンサートなどでファンが持つ必須アイテムとして使われることが多いのですね。

ただ、看護師は、脳疾患を持っている患者さんの目にペンライトを当てて瞳孔の状態をチェックしたり、口をあけて喉の奥の応対を観察したりする際にとても便利な道具となっています。

また、夜勤の際には懐中電灯よりもコンパクトで軽いので携帯しやすいなど、いろいろな使い方ができてとても便利です。

まとめ

看護師の仕事のなかにも、事務用品が大活躍しています。

きっと、ここで挙げた以外にも、便利グッズとして利用できるものがたくさんあると思います。