最近では、看護師の人手不足の現状からも、支援制度を取り入れ子育てをしながら働くママさんナースも増えてきています。

出産後は育児休暇などを利用して、しばらく休む看護師も多いです。

子育てが少しずつ落ち着くにつれて、多様就業型ワークシェアリングといわれる、短時間正社員制度、いわゆる時短勤務で働く看護師も多いといいます。

しかし、病棟などでは、他のスタッフと同じように就業時間内を働くわけではなく、その業務内容や様々な悩みが多いようです。

多様就業型ワークシェアリングでは、ワークスタイルに応じて多様な働き方を希望する人に対し、正社員よりも就業時間、日数を少なくして仕事をしてもらう制度です。

最近では、看護業界でも定着率のアップのため、この制度を取り入れている病院も多いです。

病院では、それぞれの業務の特徴に応じ、時間短縮勤務や土日祝日勤務の配慮、夜勤の有無などを決めています。

最近では育児、介護以外にキャリアアップなどでも利用できるところがあり、双方にメリットがあるようです。

それでは、時短制度の利用者にとってのメリットはといえば、正社員のまま働くことができ、賞与や退職金は出るので経済的に助かることです。

また、モチベーションが維持できるなどがありますが、実際にはデメリットを感じている利用者も多くいます。

時短勤務で早く帰ることにより仕事を残して帰っているという罪悪感がある、他のスタッフへの配慮からくる心理的負担、時短勤務に対する理解が得られないなどが考えられます。

実際、時短勤務で働いている看護師の悩みでも、時短勤務では「就業時間のほとんどはフリー業務という雑用で終わる」「検査出しで一日が終わり、キャリアアップには程遠い」「部屋持ちをしても、結局は残業になったり終了時間が気になる」などの悩みがあります。

お互いが気持ちよく働くためにも時短勤務利用者は時間内に終わらせるよう努力し、責任を持って仕事をする、一緒に働くスタッフも利用者に対し当事者意識を持ち制度の定着を見守るなどの努力も必要になってくるでしょう。