妊娠高血圧症候群(PIH)の定義

妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群とは妊娠20以降、産後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿がみられる場合のいずれかでこれらの症状が妊娠により、偶然おこる症状ではない場合のことをいいます。

重症度の分類は、軽症が血圧が140mmHg以上~160mmHg未満/90mmHg以上~110mmHg未満の場合、蛋白尿が1日300mg以上~2g未満の場合、重症が血圧が160mmHg以上/110mmHg以上の場合、蛋白尿が1日2g以上の場合をいいます。

妊娠32週未満に発症する場合は早発型、妊娠32週以降に発症する場合を遅発型といいます。

妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群は、妊娠という負荷に体が耐えられなくなった状態といえますが、その原因は諸説あります。

一番有力な説が胎盤の血管が通常とは違う作られ方をしたことで、うまく血液が胎児に送られず血流をさらに増やして(血圧を上げて)対応するのではないかという説です。

この血流障害が、さらに妊婦の血管内皮障害や血液凝固系の異常、血圧の異常を招くとされています。

妊娠高血圧症候群の症状

高血圧、蛋白尿以外にも全身の浮腫みがおこることが多く、症状が重くなると頭痛、だるさ、眼窩閃発(がんかせんぱつ:目の前がチカチカする)、子癇発作(しかんほっさ:けいれん発作)をおこすこともあります。

妊娠高血圧症候群のリスク因子

①高齢妊娠

②初産婦

③肥満妊婦

④妊娠初期の血圧が高め

⑤糖尿病

⑥双胎妊娠

⑦高血圧や糖尿病の家族歴

妊娠高血圧症候群の影響

母体への影響

①子癇発作
急激に血圧が高くなることで脳内に浮腫みを生じてけいれん発作をおこすことがあります。

妊娠中や分娩中、産後のいつでもおこりうる症状です。

②HELLP症候群
赤血球数の低下、肝機能の低下、血小板の減少をきたします。

症状が悪化すると凝固機能の低下や全身の臓器の機能も低下します。

妊娠末期~産後にかけて多くなり、突然の上腹部痛や嘔気、嘔吐がみられます。

③常位胎盤早期剥離
分娩前に胎盤が子宮壁から剥がれてしまう病気で母体と胎児の命に関わる重篤な病気です。

外出血、腹痛、お腹が間欠なく硬くなる、児心音の低下などの症状があります。

胎児への影響

①胎児発育不全
胎盤への血流が悪くなることで、発育が不良な状態となります。

②低出生体重児
胎盤への血流が悪くなることで、十分な栄養が行かず低体重になることがあります。

妊娠高血圧症候群の妊婦の管理

アセスメントの視点

①症状の有無、程度

②自覚症状の有無、程度

③血液検査や尿検査の値、程度

④家族歴、リスク因子の有無

⑤妊娠高血圧症候群の理解度

⑥生活習慣

⑦食習慣

⑧病識の有無

⑨肥満度

⑩NSTによる胎児心音の状態

⑪胎児の発育状態、胎児推定体重

妊娠高血圧症候群の妊婦の管理の実際

(1)外来管理

まずは重症か軽症かのアセスメントをおこないます。

軽症例で外来管理の元、経過観察となった場合はこれ以上悪化しないよう生活指導をおこないます。

外来管理の場合は自宅血圧測定方法や自覚症状、悪化したときの症状がどのような症状かを伝え、病院に電話すべき状態の理解を促します。

また胎動チェックはより丁寧におこない、気になる場合はすぐに外来受診を促します。

生活指導では体重管理、減塩食、休息が基本です。

体重は増えすぎている場合はこれ以上増えないよう食事内容の是正を促します。

妊娠中の栄養に対して間違った知識を持っている妊婦も多いので適正カロリーや栄養の指導をおこないます。

また分かってはいるが、食べ過ぎてしまう場合は、何らかのストレスが隠れている場合もあるので、体重のことばかりを言い過ぎず個々に合わせて指導します。

減塩食では健康妊婦では塩分10g以下/日が推奨されていますが、妊娠高血圧症候群の場合には7~8g/日以下に抑えます。

妊婦自身の食生活を聞きだし、1日にどの程度塩分を摂っているかを把握させることから始めます。

酢や出汁を効かせて少しずつ薄味になれるよう指導します。

体重管理(食事管理)と減塩食に関しては、減らしすぎることで弊害がおこることもあるので医師の指示を必ず確認するようにします。

休息は動きすぎることで、血圧が上がることを予防するために指導します。

通常、妊娠後期になるとよく動くよう指導しますが、妊娠高血圧症候群の場合は小まめに休息、昼寝をして疲れないよう生活指導をします。

健康妊婦とは、異なる生活を送らなければいけない心の負担への精神的ケアも必ずおこないます。

医師の指示のもと、外来管理をしながら降圧剤を服用することもあります。

上記の指導を基本にしながら、服薬方法、病院に電話すべき症状をより丁寧に何度も伝えるようにします。

(2)入院管理

外来管理で血圧管理が不良の場合は、入院して治療をおこないます。

減塩食、カロリー制限を行いながら、降圧剤を服用して安静にします。

1日数回の血圧測定、食事・飲水量、尿量測定(IN・OUTバランス)、服薬管理、症状のチェックを毎日おこないます。

また、より詳しく肝機能や凝固機能、腎機能、血液濃縮の程度を精査(血液検査)し、24時間蓄尿により尿蛋白定量も調べ重症度や合併症の有無を確認します。

胎児管理は、1日数回のNSTと胎動チェック、エコーにより胎児の健康状態と今後の方針を毎日評価します。

入院しても、血圧が不安定な場合や血液検査等の結果が不良の場合は、母体、胎児の状態、妊娠週数などを総合的に判断して妊娠終了(ターミネーション)を積極的におこないます。

ターミネーションは、陣痛促進剤のよる誘発分娩か帝王切開です。

血圧管理が、不良の場合で、分娩進行が乏しい場合は帝王切開の可能性も十分あるため精神的なフォローが大切です。

誘発分娩の場合は、痛みで血圧が上がることや低体重や胎児発育不全があれば、児心音低下が十分予測できるため、心音管理、血圧管理、医師との連携を十分におこない、万全の体制で分娩に望む必要があります。