看護師転職は簡単or難しい?採用or不採用の違いはどこにある?

看護師採用は絶対落ちないから大丈夫だよ~!
なんて、看護師の間ではよく聞きますよね。

たしかに看護師は資格職のため、他の職種や一般企業の採用に比べると受かりやすい傾向にあります。

しかし、注意して下さい!
そんな甘い考えで受けると大変なことになります。

落ちないだろうと思い、普通に面接を受けたら落ちてしまった・・・
そんな声を漏らす看護師さんも実はたくさんいるのです。
「看護師なら絶対に受かる」なんてことは、やはりありえないのです。

では、どうしたら看護師採用にしっかり受かることができるのでしょうか?

失敗しやすい!?看護師の転職が不採用になりやすいパターンとは?

まずは不採用に陥りやすい2つのパターンをご紹介します。

1.直接個人で病院にアポを取り面接を受けるパターン

看護師求人は地方情報誌などに掲載されていることがよくありますね。
そこで見つけた病院に直接電話して、面接を取り付けて受ける場合です。
このパターンは大きな問題点が2つがあります。

1つ目は後ろ盾がないことです。

個人で連絡してきた場合、どの推薦も受usiroけていないということになります。
求職者の素性やどのような人物かを面接だけで知らなくてはなりません。
このことが、病院にとっては非常に採用に消極的になってしまう危険性があります。

2つ目は履歴書や面接の受け方などがお粗末になりやすいこと。

履歴書の書き方や面接指導を受けることなく面接に挑むのは危険です。

最近では転職のためにさまざまなサービスや指導を受けている人がわんさか。
そのため、履歴書や面接の基礎レベルは上がっています。
その中に書き方の違う履歴書やお粗末な面接だと、非常識と思われてしまいます。

このようなことから、個人的なアポでの面接は採用される確率が大幅に減ってしまいます。

2.ハローワークを通じての応募のパターン

転職にハローワークは定石だと利用する方は多いです。
ハローワークであれば仲介もしてくれますし様々なアドバイスもくれます。

1の個人アポの不採用になりやすい2つの理由はクリアしていますよね。
では、なぜ不採用になりやすいのでしょう?

ハローワークは確かに仲介や求人紹介をしてくれます。
しかし、決してあなたを求人先に斡旋することはありません。
看護師が受かるための直接的なアドバイスをしてくれるわけではないのです。

ハローワークは公的機関なので詳しい求人情報は知りません。
基本的な求人内容の紹介や面接日程の取り付けを行うのみです。

求職者側の条件交渉や斡旋などのサービスもなければ、看護師採用の実績も不明です。
それは公的機関としては当然かもしれませんが、看護師の転職としては不十分になってしまう恐れがあります。

結果、ハローワークでは満足のいく結果を得られない、不採用になるといった事が起きてしまいます。

看護師の転職は他の一般企業の転職とはやや異なります。
そのため、看護師に合った看護師のための転職方法をとらなくてはなりません。
残念ながら、合格するための転職採用は入り口から決まってしまうことがあるのです。

これなら受かる!看護師転職の成功への近道パターン2選

それでは採用に合格するための最良な入り口を探していきましょう!
できることならば最短ルートで転職を成功させたいですよね。
そこで成功への近道を2つご紹介します。

1.看護師転職サイトを利用して応募するパターン

転職成功へ最も近道なのはズバリ、看護師転職サイトを活用することです!
転職サイトはネット上でもすぐに検索できますし、電話一本で登録することも可能です。
ではなぜ、そんな簡単に利用できる看護師転職サイトが採用に近づく道なのでしょうか?
その理由は大きく3つあります。

1つ目は転職サイトが後ろ盾になり、信頼があるので病院側が採用しやすいこと。
まず前提として、看護師転職サイトは求人先からの信頼を得ているので求人情報を提供しています。
そのため、求人先は「採用しよう!」と前向きに考えた上で面接を行うのです。

そして転職サイトは病院等への紹介だけでなく斡旋をしてくれます。
求人先が信頼する転職サイトからあなたを斡旋してもらうことで、あなたの価値はぐんと上がります。
これで一歩、大きく採用に近づくことになるのです。

2つ目は、転職サイトは転職が成功するためのサービスを豊富に持っていること。
転職サイトは民間運営なので、求職者の採用につながるためのサービスが豊富です。

たとえばアドバイザーが求人を探してくれる、面接同行などのサービスの提供です。
そのほか希望の職場への条件交渉、職場の雰囲気などの有益な情報提供を行ってくれます。

通常は一人で行う転職活動を一緒に行ってくれるためのサービスが数多くあります。
採用につながるだけでなく、転職が迅速に終えられるようアドバイザーがサポートしてくれるのは嬉しいですよね。

3つ目は看護師転職の専門家集団のノウハウを教えてもらえること。
近年の転職者の転職スキルや転職の常識はどんどんレベルが上がっています。
履歴書の書き方や面接の受け答え、マナー等を今から学ぶと間に合いません。

看護師転職サイトは一般的なマナーだけでなく、看護師転職のプロだからこそ必要な知識や応対方法を知っています。
重要な部分をかいつまんで教えてくれるので、効率よく重要なノウハウだけを提供してくれるのです。

看護師転職は他の職種に比べて特殊な転職になります。
一般的な採用基準とも異なりますし、求める人材や経験も一般の感覚とは少々違います。
転職のプロでもあり、看護師専門のプロでもある看護師転職サイトにアドバイスを受けるのが採用への一番の近道です!

2.看護協会の求人に申し込むパターン

看護師専用の求人や相談などを受け持つ看護師の駆け込み寺、日本看護協会
別名ナースセンターと呼ばれ、各都道府県に配置されている公的機関です。
ネットでも求人検索ができ、無料で提供されているので安心して使えます。

ナースセンターと病院には厚い信頼があるので採用につながる可能性は上がります。
選考を受けたい病院をナースセンターに伝え、紹介状を持って面接へ。
ハローワークと似たような流れとサービスですが、職員が看護師という点が違います。
職員が看護師なので相談しやすさはありますね。

ただし、仲介や紹介のみで斡旋や条件提示をしないことなどはハローワークと同じです。
看護師転職サイトのようなサービスは受けられませんのでご注意下さいね。

どうして受からないの?不採用になる人の共通点はコレ!

不採用になってしまう人たちにはどういった共通点があるのでしょうか?
具体的な3つの共通点をご紹介します。

1.面接の態度・マナー・印象が悪かった

採用されるために最も重視されることは、面接の態度やマナーなどの第一印象です。
面接時の態度や受け答えが悪い場合は、どれほどの経験があっても不採用になってしまいます。

看護師の仕事は医療業務だけではありません。
多くの患者さんや来院されるお見舞い客が来られる場になります。
そこで勤務する看護師は病院の顔になります。
病院の顔として働いてもらうのであれば、第一印象やマナーは非常に重要です。

面接は病院が一番大事にしている採用項目です。
不採用の理由のほとんどは面接で決まっていると言っても過言ではありません。

2.履歴書やエントリーシートの内容に問題点がある

問題点とは、病院の求める人材とかけ離れているときなどが主な理由です。

たとえば、経験者採用をしたいのに未経験者や専門知識がない場合は採用を見送りになることがあります。
逆に若手を採用をしたいけれど、50代の方が受けに来た場合などもあります。
こういった採用の見送りは仕方がありません。

ほかにも常勤・非常勤などの雇用の条件が合わないなど理由は様々です。
病院側が求める人材像や相性、タイミングもあるので、こういった場合は他の募集をあたりましょう。

ただし、中にはよく落ちてしまう履歴書というのもあります。
・ブランク期間が長すぎる
・転職の回数が多く1つの職場の在職期間が短い
・看護資格はある看護経験は未経験
あなたの履歴書がこういった内容であれば、敬遠されてしまう可能性は大きいです。

特に国公立の病院や大学病院などは書類審査が厳しい傾向があります。
自身の履歴書が不十分だと思われる場合は制限や審査が緩い求人を選ぶ方が無難です。

未経験でもOK」「ママさんナース募集」「年齢不問」などが書いてある求人です。
即戦力を求める求人ではなく、どんな方でも受け入れてくれる求人を狙いましょう!

3.外見や見た目に清潔感がない

清潔感と一言でいっても、ただ綺麗であれば良い、というわけではないのが看護師転職。
「看護師として適切な清潔感を保てているのか」という点が大きなポイント。

面接というTPOをわきまえた服装だけでなく、爪の長さや髪色、メイクは大切です。
ゴテゴテしたネイルや派手なメイク、バサバサした髪型はあなたの印象を悪くします。
看護師として適切な姿で面接に挑みましょう。

この面接は絶対に受かりたい!本気で就職したい病院への対策は?

最後に絶対に受かりたいと思っている本命の病院等への対策をお伝えします!

まずは転職サイトのサービスに登録

看護師転職の採用において、最初の関門は入り口です。
この入り口を転職サイトにするだけで、転職を成功するための大きな第一歩を踏み出せます!
本命病院へのアクセスは転職サイトから行いましょう。

転職サイトであれば求人情報も多いため、希望する就職先はきっと見つかるはず。
登録せずに求人を見ることもできますが、ここはきちんと登録することをおすすめします。

転職サイトに登録すると、非公開の求人情報も手に入ります。
あなたが受けたいと思っていた病院が見つかる確率がぐんとアップします。
さらに、よりあなたに合った転職先を見つけられる確率もアップしますよ!

無料の転職アドバイザー(コンサルタント)を活用

転職サイトに登録すると、無料のアドバイザーによる指導や支援を受けられます。
ここでしっかり転職成功のためのノウハウや知識を活用しましょう。

登録後は、履歴書の書き方のアドバイスや面接の同行などのサービスも受けられます。
面接の日程調整や面接時に確認したい条件や項目も代わりに聞いてもらいましょう。

アドバイザーは希望する病院があなたに合っているかどうか客観的に判断してくれます。
求人の情報量が多いだけでなく、病院の雰囲気や求める人材を事前に調査してもらうこともできます。
事前調査をしてもらうことで、高確率で落ちる面接を受ける手間も省くことができます。

万が一、希望している求人が合っていなくても安心して下さいね。
アドバイザーがあなたに合った求人も新しく探して提示してくれることでしょう。

看護師の転職は基本的に失敗することはありません。
しかし、あぐらをかいて選考を受けると失敗することも大いにありえます。
転職を成功させるためには看護師転職サイトを利用するのが一番の近道ですよ!