整形外科への転職に関するさまざまな情報をご紹介します!
気になる整形外科の仕事内容や年収をはじめ、キャリアプランや求められる人材まで!
転職を決めてしまう前に整形外科について詳しく知っておきましょう。

 

整形外科の仕事内容

整形外科と一言で言っても、クリニックや外来、総合病院の救急や専門病院、スポーツ整形外科などさまざま。
基本的に救急病院の整形外科以外は命に関わる重篤な外傷の方が来ることはありません。

医療現場の中でもあまり命に関わることもないので、それほど大変ではないのでは?と思われるかもしれませんね。
しかし、最近では高齢化によって整形外科の需要も高まり、毎日業務も多く忙しいのが整形外科の実情です。
他の診療科と治療すべき箇所が異なるがゆえに変わっている業務も多くあります。

 

そんな整形外科の業務は大きく分けて看護業務と整形外科業務の2つです。
それぞれ見ていきましょう。

 

一般的な看護業務

外傷から神経まで幅広く治療が必要な整形外科も一般的な看護業務を行う必要があります。
具体的には以下のような業務です。

 

・バイタルチェック
・診療介助
・採血、点滴などの注射
・食事など生活介助(主に病棟勤務)
・カルテ整理
・看護計画の作成
・事務作業

 

基礎的な業務や知識はもちろん、外傷なのでさまざまな介助が常に必要となります。
採血や点滴などの回数は他の診療科よりは少ない傾向にあります。

整形外科は他の診療科に比べて痛みや動き、回復度が目で見て分かるので、治療経過もよく分かります。
そのためカルテが非常に重要なので、事務作業など小さな業務も大切になります。

続いて整形外科ならではの業務を見ていきましょう。

 

整形外科業務

整形外科ならではの主な業務は以下のようになります。

 

・殺菌消毒やガーゼ治療、包帯巻き
・ギプスの付け外しや介助
・レントゲン介助
・リハビリサポート
・オペの介助や説明

 

他と大きく違うのはリハビリがあることやレントゲンやオペ手術が多いこと。
そのため理学療法士やレントゲン技師、場合によっては介護士との関わり合いも多くなります。
看護計画やカルテ作成のためにも他の職種との連携が必要になります。

 

外来やクリニックはケガや骨折、神経痛の治療を行うことが多くなります。
痛みが慢性化した患者の治療を行うことも多く、日常生活に支障を来たす患者もいます。
そのため、患者の精神的な痛みも取り除かなくてはなりません。

一方、スポーツ整形外科はただ日常生活を遅れるようになるだけでは不十分です。
再度スポーツができるようになるまで回復しなければなりません。
長い治療となるので、身体的にも精神的にも支えなければなりません。

 

整形外科は治療経過やプロセスが他の診療科よりもとても細かいです。
患者との付き合いも長くなりますし、ヒアリングも重要になってきます。
患者だけでなく、他の職種や看護師同士の連携など多方面においてコミュニケーション能力が要求されます。

 

整形外科の年収

基本的に整形外科の給与には特別な手当はありません。
そのため、一般病棟やクリニックと同等程度になります。

夜勤のない病院であれば月収20万円~28万円、平均年収は400万円~480万円になります。
整形外科クリニックなどであれば夜勤や残業も少ないので年収は平均的な金額です。

入院施設のある夜勤ありや救急の場合は月収25万円~30万円、平均年収は450万円~500万円です。
こちらも一般の病棟とほぼ同じ年収となります。

 

パートや派遣といった働き方の場合は時給も平均的です。
時給の安い地方では900円から都内は2,200円近くのところまであります。
いずれにしろ、給与はそれほど高額とはいえません。

 

整形外科は残業も比較的少なく、定時で終わるクリニックが多い診療科です。
そのためあまり給料も高くない傾向にあります。

ただし整形外科は医師の腕の良さや設備、立地によって人気にバラツキがあります。
人気の病院はリハビリ治療や診療で残業が長引くところも。
転職する前に、夜は何時まで開院しているのか確認しておくと良いでしょう。

 

整形外科に求められる人材と積むことのできるキャリアとは?

最も必要なスキルはコミュニケーション能力!

整形外科は他の診療科と異なり、回復までのリハビリがあるので患者とのお付き合いが長くなる傾向にあります。
地域に根ざしている病院も多く、地域の子供からお年寄りまで通うことになります。
すべての年代の患者の対応をしなくてはならないことから、最も大切なスキルはコミュニケーション能力となります。

そのほか小さな違いに気づくことのできる気配り、心配りができる方にもおすすめです。
整形外科の細やかな治療経過をチェックしていかなければなりません。
身体に外傷や支障を来たしている患者ばかりなので、常に患者のサポートに努められるような配慮のできる人材が求められます。

 

他の診療科にはない唯一無二のキャリアを積むことが可能!

キャリアに関しては整形外科は特殊な診療科になるので、とても経験を積みやすい科になります。
外傷や骨折、神経痛などの痛みやリハビリなど他の診療科とは違った治療や医療知識を得ることができます。
もちろん他の整形外科や外科への再就職も非常に有利になります。

 

整形外科には高血圧や生活習慣病、肥満が原因で通っている方も多く、内科と連携を取ることもあります。
総合病院の整形外科であれば、連携からその他の診療科の看護知識を得ることもできます。

手術介助など医師に付き添っての作業やリハビリ、介護要素もあるので、その幅広さに整形外科の経験には需要があります。
リハビリのある回復期病棟や在宅医療などにも活かせますよ。

 

整形外科への転職まとめ

整形外科は現代の高齢化社会にとって需要もあり、医療技術も高まっています。
外傷や神経痛など他の診療科ではなかなか学べないジャンルになるので、再就職や転職にも有利になります。
そのため今後はさらに人気も高まる分野となるでしょう。

 

整形外科の業務は一般看護業務に加え、整形外科専門の業務になります。
オペ介助やリハビリ介助など実践的なものも多く、他の診療科では経験できない業務が多いのが特徴です。

整形外科の診療は他の診療科に比べて、スキルアップや専門性も高い科になります。
糖尿病専門の整形外科や手の神経の専門、スポーツ専門などさまざまな専門診療が存在します。
脳神経外科や外科などへのスキルアップのために経験を積む看護師もいます。
他の診療科で積めないような経験をしっかり積むことができる診療科であると言えるでしょう。

 

よほど人気の整形外科でない限り、年収は通常の病院に勤める看護師と同等です。
とはいえ残業や夜勤は少ないので収入は良いと言えます。
整形外科はスキルアップにも長期勤めにもおすすめできる診療科です。