30
美容外科って都会的で華やかだけど、夜勤なしで高給なんて、なんだか嘘っぽい・・・
マイナスイメージで転職先として選ぶにはイマイチな美容外科。
病院勤務の看護師には美容外科がどのようなところか想像できませんよね。

そんなミステリアスな美容外科について調べてみました!

美容外科ってどんなところ?

31

美容外科の役割

主な役割は患者が美しくなるためのお手伝いをすること。
美容整形外科や美容クリニックなど表記は多様ですが、目的はどれも同じ。

医療目的ではなく自由診療で診療・施術を行い、美を追究する相談所です。
美容整形や脱毛、抜け毛治療など施術はさまざま。
サロンのような院もあり、患者というよりはお客様といった雰囲気です。

美容外科に来る患者

患者は女性が大半を占めています。
痩せたい、お肌を整えたいなど容姿や体型にコンプレックスを感じ、きれいになりたい女性が来院します。
近年は男性の来院も増えていますが、いずれも美意識の高い方が訪れます。

美容外科では、具体的に何をするの?

美容外科で行われる医療行為や業務
1・オペ(手術)介助

美容整形などのオペが多く、医療器械のセッティングや介助を行います。
看護の基礎、注射や点滴などは必須です。

2・レーザー脱毛などの医療器具等による施術

光脱毛やケミカルピーリングなど簡単な施術を行います。

3・カウンセリング

患者が施術したい部位や悩みをカウンセリングします。
ここで患者のなりたいイメージを伺い、それに合った施術内容をすすめていきます。
おすすめの施術や治療、料金体系の説明なども行います。

 

求められるスキル
1.基本の看護スキル

注射をたくさん打つ業界なので器用で丁寧な方は重宝されます。
中には臨床経験のある看護師を求めるクリニックもあります。

2.コミュニケーション・接客能力

美容外科に来る患者はケガや病を患っておらず、自由診療で保険適用外の施術ばかり。
そのため患者がまた来たくなるような話法や対応、丁寧な接客が必要になります。
ライバルの多い業界なので、「この院に施術をお願いしたい!」と思わせる対応力を培わなければなりません。

そして、患者との会話から潜在的な美意識や要望を引き出し、ぴったりのサービスを提供するのも仕事の1つ。
患者とのコミュニケーションが院の売上や人気につながるので、美容外科の看護師は重要なポジションです。
そのためコミュニケーション能力や接客能力は強く求められます。

3・常に美意識を持つこと

出勤に清潔感のある髪型やメイクなどは必須。
院の顔である看護師の美しさや清潔感は重視されます。
美を追求する職場なので、常に高い美意識を持たなければなりません。

 

やっぱりスゴイ!美容外科の待遇はこんなに魅力

32

お給料はやっぱりスゴイ?

美容外科は給料が高いと風の噂で聞くけど…それは本当なのでしょうか?

美容外科の初任給の月収は30万円~38万円となっています。
年収は350万円~480万円、中央値は420万円です。

一方、民間病院の看護師の平均月収は約32万円、年収は478万円となっています。(平成27年度)
これを見ると、病院勤務の方が年収高い!と思いますよね。

しかし、数字だけを見てはいけません!

病院勤務の平均年収は婦長や70代の大ベテランまで含まれての金額。
勤続年数4年の若手の年収は約400万円、1年目だと約350万円です。
美容外科の420万円と比べると雲泥の差ですね!

さらに美容外科はここから歩合給が乗ることも。
目標を上回ったときはプラス数万円がインセンティブとして上乗せされます。
臨時支給があるのは固定給のみの病院ではあり得ない話ですよね!

そのため、美容外科に転職すると給料が上がることが多いのです。
「美容外科は給料が高い!」と言われる真相はこのようになっていたのです。

高給がもらえるワケ

美容外科が保険適用外の自由診療であるからです。
診療費や技術料、サービス料を院の医師が決められるため、民間病院に比べ美容外科は院の運営が潤いやすいのです。

そのため完全な医療従事業ではなく、美容外科はサービス業でもあるといえます。

日勤のみって本当?

34
美容外科は基本的に営業時間内で働くので、夜勤はありません。
早くても9時開院、遅くとも21時には閉まります。

そのため平均的な勤務形態は10時~20時までの2勤務制またはシフト制です。
開院が遅く、平日は11時からというところもあります。
夜勤や不規則なシフト、残業等がないことからアフターに習い事もできます。

中には整形麻酔などのために患者が泊まり込んでいるクリニックもあります。
その場合は夜勤があるけれど介助が必要なことは少なく、それほど仕事も多くありません。
病棟夜勤のような忙しさがないので同じ夜勤でも違いますよね。

休日は週休2日制ですが、平日休みが多い傾向はあります。
しかし、病院のような緊急のオンコールや長い残業もなく、休暇はしっかりとれます。

日勤のみで病院と給料が同じであれば、美容外科はやはり高給と言えますね。

身に付くスキルや働くメリットは?

35
接客やコミュニケーション能力、社会経験など病院看護師では身につかないスキルが身に付けられるのは美容外科ならでは。
患者と向き合う時間も長いので、患者との信頼関係も構築できます。
このような経験から、美しい言葉遣いや所作、心配りのできる女性になることができます。

さらに脱毛やピーリングなどの美容治療が格安で利用できます。
美容外科の看護師はムダ毛がないというのは有名な実話です!
身も心も美しい女性になりたい方にオススメの職業ですよ。

美容外科で働くデメリットは?

美容外科での経験は臨床経験にカウントされない

36病院勤務の場合、その経歴は看護師の「臨床経験」としてカウントされ経験値になります。
しかし美容外科の経歴は「臨床経験なし」となります。

看護師資格を持って働いても看護師経験がないとみなされてしまいます。
看護知識や技術を使う機会も比較的少ないため、病院への再就職には不利になることも。

ただしオペ介助や美容・皮膚の知識は身に付くので、外科や皮膚科、整形外科や形成外科等の採用では有利になります。
働く期間がムダになるわけではないので安心してくださいね!

単純作業が多くやりがいが少ない

急患が来ない環境なので、実務はルーティンになります。
代わりに、患者を美しくためのサポートができるやりがいがあります!

クレームの処理が多い

37病院は「患者のわがまま」で済ませられますが、美容外科は違います。
患者とはいえ大切なお客様でもあるので、頭を下げる機会や怒られることも多くなります。

そのため、病院では身につけることが難しい、いわゆる社会経験を身につけることができます。

ノルマありの歩合制

38院によりますが、ノルマを設けているところもあります。
そのため固定給が少なく、数字が取れない月は手取りが減ってしまうことも。
希望の転職先がノルマ制かどうか確認しておきましょう。

とはいえ、歩合制は努力の成果が給料に反映される喜びがあります。営業に自信がある方はノルマ制のところへ飛び込んでみることをおすすめします!

優良な美容外科を見極めるポイント

39

1・医師の経歴、実績をホームページで確認

まずはプロフィールを必ず確認しましょう。
ドクターのキャリアや実績、過去の事例などから腕前が分かります。

患者の信頼を得ている場合、過去の実績に写真付きで載せていることも。
ホームページは院そのものを知ることができるので、くまなく見ておきましょう。
美容外科は(大手を除いて)個人経営となるので、ドクターの腕や信用が重要です!

2・得意分野がある美容外科かどうか

「ここの美容整形は人気」「眉アートに自信あり」など得意分野をチェックしましょう。
1の医師の実績同様、得意分野をある医師がいる美容外科は将来性も高いといえます。

特に整形希望の方は情報通が多いので、知名度も得意分野もない医師の所に患者は集まらないというのが本音です。

どういった施術が得意なのかで就業後の看護業務もある程度イメージできます。
例えば「光脱毛が得意」な場合は「看護師の腕が良い」になります。

そうなると、看護師の施術技術が求められるなどの予想がつきますよね。
医師が優秀か、看護師が優秀か、なども知っておくと便利ですよ。

3・施術料金を確認しておく

施術料金が平均よりも安いのか高いのか、は非常に重要なポイントです。
あまりにも高額であれば経営状態に難あり、クレーム処理に追われる危険性もあります。
クリニックがどういった料金体系をしているのかをしっかり見ておきましょう。

優良な美容外科は運営もきちんとしているので収入アップも見込めます。
クリニックの良い雰囲気から自分の美意識も高まり、やる気も出ますよね。
優良な美容外科を見極めることは、転職成功への最大の近道です!

それでもちゃんと見極めるのは難しいな~と感じるそこのあなた!
安全な美容外科に転職できるための情報を提供します!

厳選!!ここなら間違いないおすすめ美容外科5選

1・湘南美容外科クリニック

780x390
高度な技術や再生医療(抜け毛治療やアンチエイジング)など分野も幅広い最先端の美容外科です。
さまざまな経験が積めるのでスキルアップも望めます。

どの院も都会や駅近にあるので便利の良さも◎。
大手なだけあって育休や産休、退職金制度などの福利厚生や教育制度も整っていますよ。
子供の急病時は遅刻が免除などの良心的な制度もあり、ママ看護師必見です!

2・共立美容外科・歯科

head_logo
全国16か所もあるCMでおなじみの大手美容外科です。
こちらは常勤以外に非常勤募集もあり、雇用形態が選べる点がいいですね。

美容医療のレベルも高いけれど、運営や実績など、どれをとってもハイレベル。
美容外科のほかに歯科や毛髪再生医療もあり、学べることが多い点も魅力的。
離職率も低いので、長期勤務希望の看護師さんにもオススメです!

3・品川スキンクリニック

h2,210
全国的に知名度も高く、お肌に強い美容皮膚科ナンバーワンですね。
お肌に関する美容整形が主なので、皮膚や頭皮の悩みに特化しています。

長期休暇制度や有給・結婚休暇制度など制度が豊富に揃っています。
結婚や子育てで転勤や勤務形態を変えられるワーキングチェンジ制度はこの院ならでは。
産後のワークライフバランスに悩む女性にオススメの職場です!

4・聖心美容クリニック

751_logo
完全予約制なので残業なしで仕事を終えられるという看護師にはありがたいシステムです。
勤務は10時~19時なので、アフターもゆっくりできて嬉しいですね。
立地も良く、習い事などのプライベートも充実でき、OL気分で勤められる職場です。

再生医療を利用した若返り(アンチエイジング)や豊胸などに特化しています。
その医療技術の実力は世界にも認められている、まさに折り紙付き!
看護師としての技術力や実力もレベルアップが見込めるクリニックです。

5・美容外科ヴェリテクリニック銀座院

logo
全国に4つの院を持つヴェリテクリニックは美容整形で芸能人を取り扱うほどの実力!
サイトに施術例も多く載せているのは実績や技術に自信がある証拠。
他院のお直しも得意としており、腕のある院ということがよく分かります。

教育制度のOJTも整っており、美容未経験でも募集しています。
オペ介助・営業ノルマなし・残業は月に10時間未満と看護師も安心の美容外科ですよ。

しっかり見極めたいなら、専任コンサルタントに相談するのが一番!

40
もっと詳しく美容外科の情報や求人を知りたい!
ということなら、今すぐ看護師専門のコンサルタントに相談してみましょう。
美容外科の求人探しにオススメの転職サイトを3つご紹介します。

1.看護のお仕事

看護師の転職満足度97%と、圧倒的な利用者の支持を得ている看護師転職サイト。
非公開求人の多さと高いコンサルタント能力で転職先がすぐに見つかると評判です。
転職支援金最大12万円など嬉しいサービスもありますよ。

2.ナース人材バンク

全国の求人が揃っているため、美容外科の求人も多く載せています。
公開中の求人だけでも280件ほどが検索できます。(平成28年11月現在)
クリニックの特徴や求める人材なども載せており、情報量はトップクラスの頼りになる転職サイトです!

3.マイナビ看護師

日本全国の求人を網羅する業界最大手です。
最大の強みはコンサルタントの持つ転職ノウハウ。
履歴書や面接の攻略方法などの熟練した指導をぜひ一度体験してくださいね!

いかがでしたか?
美容外科の業務などを知ると、業界のイメージが大きく変わりましたね!美容外科は高給で人気なので求人数はそれほど多くありません。
有能なコンサルタントの力を借りて、あなたに合った美容外科を見つけて下さいね!

 

美容外科専門の求人サイトもありますよ。

>>美容外科求人ガイド