今の職場からすぐにでも別の病院に転職したい!
とはいえ、あまりに短い期間での転職は不利になってしまう恐れがあります。
3年以内に転職する場合のデメリットはたくさんあります。
あとあと後悔してしまう前に、必ず知っておきましょう!

 

看護師経験は最低3年間は必要!早期転職のデメリット

どんなに転職がしたくても、できる限り3年の職務期間を終えてからの転職をおすすめします。
これは看護師業界に限らず、どの業界でも共通する最低経験期間なのです。
では、この「3年間」のターニングポイント以前に転職してしまった場合のデメリットから見ていきましょう。

 

3年以内に転職することのデメリット

1:採用されにくい

まずはなんと言っても次の転職先が決まりにくくなります。
看護師経験が3年以上の方と3年未満の方の場合、圧倒的に前者に軍配が上がります。

倍率の高い病院であれば、なお長期経験者を優遇します。
特に小さなクリニックなどは看護師の人数が少ないので即戦力を強く求める傾向にあります。

このように経験年数が短いと採用確率もダウンし、受けられる病院の数も減ってしまいます。
転職活動の期間も3年未満の方は長引いてしまう恐れがあるのです。

 

2:「経験者優遇」に該当しない恐れがある

経験数が3年を切ってしまった場合、募集要項にある「経験者優遇」に該当しないことがあります。
ここで言う「看護師経験者」は大抵が1年以上の経験を指します。
しかし、まれに3年以上と区切りをつけているところもあるのです。

一部の求人ならまぁいいか・・・と思われる方もいるかと思います。
しかし、3年以上の看護師経験者を求む求人というのは高給や人気求人のことが多いのです。
そのためあなたが良質な転職先に就きたい!とお考えであれば、3年以上の経験がある方が有利になります。

 

3:退職金がもらえない可能性がある

基本的に退職金がもらえるのは正職員として3年以上勤めている方のみになります。
3年を経過せずに退職した場合は退職金が出ません。

これから転職活動になるので、できれば少しでも多くのお金を持ってから退職したいですよね。
病院の規定によって異なりますが、たった数ヶ月の働きで退職金があるのかないのかが変わってきますので、この問題はとても重要です。

 

4:お礼奉公(奨学金返済)の場合は一括返済義務が生じる

看護師の奨学金制度であるお礼奉公で入職している方は注意が必要です。
病院に数年働くことで奨学金返済を病院に肩代わりしてもらう制度です。

このお礼奉公の年数は基本3年間の勤めによるものです。
途中で退職する場合は、奨学金を自腹で返済しなくてはなりません。
その場合は数百万円の奨学金を一括払いとなってしまう可能性がありますので、要確認ですよ。

 

病院側が「看護師経験3年間」にこだわる理由

病院が看護師採用をする上で、なぜこれほどまでに「3年間の経験」にこだわるのでしょうか?
その理由がいくつかあるのでご紹介します。

 

1:入職3年目から本格的な看護師の職務を与えるから

看護師の仕事をはじめて1~2年たつと、それなりに看護のことが分かったように感じる方もいるでしょう。
しかし、それは間違いです。

実はこの3年間はまだまだ看護師の見習いとして仕事を与えている状況だったのです。
この期間はいわば一人前の看護師になるための積立期間。
3年の期間が終われば、一人前の看護師としてさらに深い業務や研修を行うことができるようになるのです。

結果、3年未満の看護師は一人前の業務をまだ行っていない見習い看護師として転職することになります。
病院側からすると、業務経験や医療知識が浅い見習いの看護師を採用するということになるのです。
そうなると、即戦力のほしい病院では見習い看護師の採用はお断り!となってしまうことが想像できますよね。

 

2:すぐに離職されるかもしれないから

ここは履歴書上の信用性の問題になります。
早期離職を経験している看護師は他の病院に転職してもまた離職が早いのでは?と思われがちです。

看護師業界は病院の転職があるあるですが、病院からすればできるだけ長期で働いてほしいもの。
そのため早期離職の前例がある早期退職者の採用というのは病院にとってかなりリスキーなのです。
何度も早期退職を繰り返している履歴書では、悲しいけれど信用されなくても仕方がありませんよね。

臨床経験においても技術面においても、さらには信頼性においても長期で仕事をしていた看護師の方が重宝されます。
3年という数字は看護師経験において最大のターニングポイントです。
この期間で将来の転職人生が変わってくるということを忘れてはいけません。

 

3年以上の看護師経験者が転職する場合のメリット!

そうは言っても、早く辞めたいものは辞めたい!そんな気持ちもよく分かります。
長く続けた場合のメリットを知れば、あと少しの間がんばれる気がしてきますよね!
得することを具体的に見ていきましょう。

 

1:即戦力として採用が有利になり、転職先が決まりやすい

3年以上の経験のある看護師は経験者採用枠となり、即戦力として扱われます。
いわゆる「経験者優遇」の対象になります。
研修期間や使用期間が短く済むので、転職先の病院にも重宝されて採用されやすくなります。

いくら3年働いたからといって、いきなり即戦力なんて厳しいのでは!?
と不安になる方もいると思いますが、安心して下さいね。
あくまで採用上の即戦力となるため、大抵の現場ではきちんと教育してくれることでしょう。
特に人気のある職場への転職を希望であれば、経験豊富な方ほど有利になりますよ!

 

2:転職後の待遇が良い

転職時において、看護師経験の歴がある方は重宝されます。
そういった方は引く手あまたになることもあるので、場合によっては好待遇での転職が可能になります。

ぜひ転職サイトに登録し、アドバイザーの方についてもらって条件交渉をしてもらいましょう。
希望する転職先の待遇がグッと良くなる可能性もありますよ!

 

3:年収がアップする可能性がある

看護師歴が長くなると、年収が上がる可能性があります。
その理由として、まず1つ目に研修期間が短くなることが挙げられます。
研修や使用期間が短いことで、すぐに正職員としての給与を受け取ることができるようになります。

そして2つ目に経験者しか受け入れをしない病棟や診療科に配属されることで年収が今の病院よりもアップします。
たとえばNICUやお産科などであれば経験者のみを募集していることが多いです。
業務経験や知識、専門性のあるスキルを持っている方はぜひチャレンジしてみましょう!

 

看護師の転職は3年以上の看護師経験をつけてから!まとめ

看護師の経験において、3年という分岐点がどれほど大切か分かっていただけたのではないでしょうか。
悲しいけれど、看護師は3年の臨床経験がないと一人前の看護師としては認められないというのが事実です。

中には1~2年の経験であっても採用につながる募集もあります。
ただし、そういった募集は採用枠が大きかったり、継続がしづらい病院であることも。
これではさらに経歴に×をつけてしまう可能性があるのです。

人気の求人や高級な求人、好待遇求人になる可能性を秘めるものはいずれも経験が豊富で臨床経験の長い看護師向けです。
今の職場よりもよりよい環境・待遇で働きたいと思うのであれば、最低でも3年間は我慢しましょう。
そうすれば、きっとあなたに有利な条件で転職活動することができますよ!