看護学校に在学中は、実習という形で実際に病院での仕事は体験しますが、本格的に仕事をするのは、国家試験にパスして学校を卒業してからです。学生身分の時と正看護師とでは制服が違うので、それだけでも身の引き締まる思いを感じられますが、ほとんどの人が初めて足を踏み入れる職場に期待よりも不安を多く抱えています。たとえば、看護師として十分な知識を身につけているか、患者や先輩看護師や医師と充分な意思の疎通をはかれるのか、ということがあげられます。最初から1人前に仕事ができるということはありえませんが、1年目だからという気のゆるみや甘えも許されません。しばらくの間は、悪戦苦闘、試行錯誤の日々が続くという覚悟が必要です。

まずは、仕事のスケジュールに体を慣らすことが大切です。日勤の日の起床時間、夜勤の時の起床時間がつかめたら、食事時間の配分も考える必要があります。看護師はゆっくりと食事をしている時間はありませんので、手早くバランスの良い食事ができるように心がけることです。そのため、日勤・夜勤でも起床した時の食事は重要です。出勤時から十分に頭と体を動かせるようにしておくことがポイントです。

また、患者にとって看護師は1年生でもベテランでも関係ありません。的確で迅速なケアを期待していますし、万が一のトラブルに対しても適切な対処ができる機転が必要です。本人は一生懸命に業務をしているつもりでも、先輩からみれば未熟と感じる点は多いです。注意されたとしても、いちいち落ち込んではいられません。最初からベテラン看護師と同様の仕事ができるわけがありません。学校で習ったことか通用しないことも多々あります。習ったことと違うと思ったら、たとえ叱られても、先輩に確認をしておくことです。出来ないことばかりだとしても落ち込むのではなく、一歩前進、と思えばスキルアップにつながります。いきなり、重篤な患者の担当になることはないので、毎日の仕事が単調だとしてもひとつひとつを完璧にこなせることを目標にするとよいでしょう。