転職を考えている人の中には、透析看護師を目指している人も多いのではないでしょうか。透析看護師になるには、透析の専門クリニックや総合病院の透析室に勤務するなどの方法があります。

透析看護師の仕事って?

透析看護師の仕事は、透析治療を受ける患者さんへの看護、対応が主な仕事となります。具体的には、患者さんへの説明や指導、バイタルチェック、機械の準備や操作、患者さんの健康管理やメンタルケアなどを行っています。通常の業務だけでなく、機械の操作などもありますし、患者さんとのコミュニケーションを図りながら生活指導やケアを行う必要があります。覚えることも多くなかなか大変な仕事ですが、近年は透析看護師になりたいという人が増えています。転職サイトなどでも競争率の高い職種の1つです。

透析看護認定看護師とは?

日本看護協会の資格認定制度の1つに認定看護師があります。技術や知識に経験と実績のある看護師のみが認定看護師として認定されますが、透析看護の認定看護師制度もあります。透析看護認定看護師になるには、実務経験が5年以上で、そのうち透析看護の経験が3年以上あることが求められます。実務経験があり半年間の研修を受けた人のみが、認定試験を受けることができます。合格までは大変ですが、この資格があれば転職や再就職にもかなり有利になりますので、人気の高い資格となっています。

透析看護師が人気の理由は?

なぜ透析看護師の仕事は人気があるのでしょうか。まず考えられるのは収入ですが、実は透析看護師の収入はずば抜けて高いわけではありません。むしろ、夜勤の多い看護師のほうが高い年収をもらっています。ただ、透析看護師の仕事の場合は夜勤や休日出勤がほとんどありません。勤務が日勤で休みも融通が利くというのはかなりの魅力です。また、夜勤手当はありませんが、透析看護師の年収もそれほど低いわけではありません。「夜勤がなく自分の時間がもちやすい」「収入もそれほど悪くない」という理由から、人気の高い仕事となっているようです。