何らかの事情でやむを得ず退職する事になった場合。一番めんどうくさいけど重要な手続きは保険関係でしょう。健康保険や年金、雇用保険などの社会保険、また失業保険の手続きなど何もせずに放っておくとのちのち配当金の給付がなかったり、病気になっても病院にかかれないなんて言う事がないようにしっかり手続きしておく必要があります。

大抵の場合、社会保険関係は勤務先がまとめて手続きをしてくれます。退職してもブランクなしにすぐに次の職場で働くという場合は、また新たにこれまでの職場から戻ってきた年金手帳などとともに新しい職場へ提出すれば良いのですが、退職後、すぐに就職せず海外旅行へ行くとか、少しのんびりするなどという人は注意して手続きしなければいけません。退職時に必ず受け取ったか確認しないといけないものは、雇用保険に関する「雇用保険被保険者証」「離職票」です。健康保険も退職と同時にその資格は喪失しますので別の職場に転職せず、国民保険に加入する場合「健康保険資格喪失証明書」または「離職票」が必要です。入職時に勤務先に預けていた「年金手帳」を受け取ります。所得税に関連する源泉徴収票も確認しましょう。これらの必要なものがそろえば、これまでの社会保険に代わるものとして健康保険、年金の手続きを行う必要があります。これは、退職後14日以内に住民登録をしている市区町村の最寄りの役所の担当窓口で行います。国民健康保険加入時の必要なものは印鑑と離職票、または健康保険資格喪失証明書です。離職票は退職したのち自宅に郵送されるものですが、しばらくたっても郵送されない場合は前職場に問い合わせてみてください。また国民年金に加入する場合はプラスして年金手帳が必要ですので、手続きの際には忘れないように準備してくださいね。また国民健康保険に加入しない場合は家族の扶養として保険に入るか、退職した職場の「任意継続被保険者制度」を利用すると在職時のように勤務先が保険料を半分負担してくれることはないですが、出産手当や傷病手当などの給付があるので一度最寄の社会保険事務所に問い合わせてみてください。