「白衣の天使」という言葉があったほど、看護師の制服といえば白い白衣スタイルが当たり前でした。以前はナース服に憧れて看護師をめざすという人もたくさんいましたが、現在ではナース服もずいぶん様変わりしています。

ナース服のスタイルの変化

最近のナース服にはさまざまなカラーやスタイルがあります。病院やクリニックを訪れた時に、初めて見るタイプのナース服を着ている看護師さんがいると、とても新鮮な気持ちになるものです。現在のナース服の主流は白ではなく色のついたもので、スカート(ワンピース)ではなくてパンツタイプのナース服がとても増えています。また、動きやすさを考慮したスクラブ・チェロキースタイルの制服を採用している病院もよく見かけるようになりました。

ナース服に満足している?

さて、現在看護師として働いている看護師さんは、今の職場のナース服に満足しているでしょうか。「もっとこういう形がいい」とか「あのクリニックのようなかわいらしい制服がいい」など、色々な意見があるでしょう。これから転職を考えている看護師さんにとって、転職先のナース服というのは意外と重要な問題です。毎日着用する制服ですから、気に入らないスタイルのものを着続けるのはストレスになります。気に入った制服を毎日着ることができたら、それだけで気分が軽くなりそうです。

転職先を選ぶ理由はさまざま

看護師が転職を考える理由には色々あります。「もっと高いお給料が欲しい」「夜勤のない職場がいい」「人間関係が円満な職場に勤めたい」など、さまざまな原因や不満があって転職を決めます。では、新しい就職先を選ぶ決め手についてはどうでしょうか。もちろん「残業が少ないから」「家から近いから」「キャリアアップできるから」といった理由が多くを占めています。しかし、いくつかの選択肢のなかから勤務先を1つに絞る場合、「ナース服がかわいいから」といった決め手で選ぶ人も多くなっているようです。