老人ホームに転職したい!履歴書って病院と同じでいいの?

老人ホームに転職したいですよね?老人ホームは、入所者とゆっくり関わることができ、病院のようにバタバタせずに1対1で看護を行うことができるので、とても魅力的な職場です。でも、今まで病院での勤務経験しかないし、老人ホームに転職したくても、どのようにすればいいのか解らないという方もいらっしゃるかと思います。転職したいと思っている方の中でも履歴書の書き方に困っている方も多いのではないでしょうか?

困っていることが少しでも解決できるように、履歴書の書き方についてお話ししていこうと思います。

肝心なのは、「志望動機」と「自己PR」!

履歴書を書くにあたって、肝心なのは何かご存知ですか?それは、志望動機と自己PRです。なぜこの2つが大切なのか?それは、この2つで仕事のやる気や、自分の思いを相手に伝えることができるからです。

 

志望動機の書き方ポイント

老人ホームで就職を希望する場合は、高齢者に関わった経験や関わりたいという思いを書くことが大切です。経験がある場合はできるだけ細かく書いた方が有利です。また、高齢者に対する看護は優しさや温かさが最も大切です。人柄や看護観が分かるように書くと気持ちが伝わりやすいです。

施設の特徴などがパンフレットやホームページに載っているので、それらを意識して書くのもよいでしょう。

志望動機の書き方のポイントとしては、働き始めたら、こんな仕事がしたい!といった自分の思いを書くことをお勧めします。そうすることで、先方はこの人を雇用すれば、職場環境が良くなるのか、職場にとってメリットがあるのかを判断する材料ができるためです。

point例えば、24時間体制で医療と連携している、家庭的な雰囲気を大切にしている、認知症や治療食に対応しているなど特徴があれば、それらが自分が得意としていることや学んでみたいことと重なるようなら書いておきます。施設にとって働いてもらいたいと思われるように書くことがポイントです。

 

絶対書いてはいけないNGワード

書き方のポイントでおさえておきたいのが、絶対書いてはいけないNGワードです。NGワードは、職場への批判です。以前の職場の悪かったところや、ダメ出しなどは絶対に書いてはいけません。例えば、「以前の職場は人間関係が悪かったが、貴社は人間関係が良さそうで。」といった内容です。こんなことを書くような人は、職場でのトラブルなどを周りに何を言う可能性が高いので、不採用となります。

<志望動機の書き方一例>

今までは回復期リハビリテーション科と療養病棟に5年勤めてきました。病気をされて回復されるまでと自宅に帰られるまでの看護を学びました。高齢者の方の看護はただ病気を治すだけでなく、QOLの維持のために訓練やサポート、家族への援助も必要だと感じています。また、あらゆる業種と連携して自宅に帰るためのサポートの過程も勉強してきました。

貴園の就職を希望したのは、そんな高齢者看護、介護の場である高齢者施設での勉強をしてみたいと思ったからです。老人ホームの役割は病院とは違い、自宅に近いと思います。落ち着いて過ごしてもらうための看護や介護、一人ひとりに合わせた看護を学びたいです。また病院で学んできた看護や介護も生かしていけたらと思っています。

 

自己PRでしっかり自分アピール

履歴書には、自己アピールを書く欄があるけど、何を書けば良いのか解らないといった方も多いのではないでしょうか。自己PRでは、しっかり自分をアピールしてください。でも、自分のアピールすることなんてないし、どのように書いたら良いのか解らないと、困っている方もいらっしゃると思います。

その場合、自分の長所は何かを見つめ直してはいかがでしょうか?例えば、人づき合いが得意とか、リーダーシップ取るのが得意とか、コミュニケーションが好きとか、人の話を聞くのがうまいといった事も長所です。
自分を見つめ直しても、何を書けば思いつかない人は、周囲の人に褒められる内容はどんなことがあるのかを考え、そしてその内容を記載するのがいいか思います。
また、この他には、看護師以外に持っている免許や資格の内容、趣味や特技、現在勉強している内容を書くのも良いと思います。

 

自己PRのNGワード

自己PRを書く際にも、NGなポイントがあります。それは、マイナスな要素を書くことです。
ブランクのある方の場合、「ブランクがあるので看護師の業務を忘れてしまって自信がありませんが、頑張ります」と書くより「ブランクがありますが、離職していた際に、専業主婦として身につけた経験を生かして、新たな気持ちで看護師として頑張ります」と記載している方が、やる気やプラスなイメージを伝えることができますね。ですので、相手にマイナスなイメージを与えるような内容は書かないようにしてください。

 

本人希望欄もキチンと書いておこう

老人ホームで看護師として働く場合、看護師の数が少なく責任が重くなることがあるので、自信がない場合は書いておきます。

夜勤回数や勤務時間、勤務日数の希望があれば書きます。また、連携ホームが多数ある施設もあるので、希望施設がある場合は書いておきます。

 

職務経歴書って必要?どうやって書いたら良いの?

履歴書を書く際に、職務経歴書も同時に提出することを求められることがあります。この職務経歴書は企業に転職する時や、病院への転職する際に求めえらることが多いですが、一部の老人ホームでも提出しなければいけない場合があります。

職務経歴書とは今までどのような職場で何年働いていたかを記載した書類です。この職務経歴書が必要な理由としては、どのようなスキルを身につけているのか、求めるスキルを満たしているのかを判断する材料になるからです。
看護師が老人ホームに転職する際の職務経歴書の書く内容とし、働いた年数と職場名、そして所属先を記載してください。

 

なんだか難しい・・・私に書けるかな

色々、説明されてもよく解らないため、自信がなくなってきたという方もいらっしゃるかと思います。ですが、書くポイントさえ押さえれば大丈夫です。履歴書を書くのは決してハードルは高くありませんですが、どうしても不安という方にお勧めなのが、看護師転職サイトを利用することです。

看護師転職サイトに登録すれば専任アドバイザーが履歴書や職務経歴書の書き方を親切に教えてれますし、実際に記載した履歴書や職務経歴書の添削作業も行ってくれます。ですので、少しでも不安な方は看護師転職サイトを利用してみてください。

 

登録済みの方にも、あらためてオススメしたい3つの看護師転職サイト

この記事をご覧になっている方なら既に看護師転職サイトはチェックされているかと思いますが、まだ登録されいてない方や1つしか登録されていない場合、複数の看護師転職サイトに登録することで比較して検討し、より良い求人を見つけることができます。お勧めの看護師転職サイトを3つご紹介したいと思います。

 

看護のお仕事
転職先がどんな職場かよく解らず不安という方に、お勧めのサイトです。看護のお仕事では、12万件以上の案件を抱えていますし、職場の雰囲気や人間関係など独自に収集したリアルな職場情報を教えてくれます。また、自分では言いづらい条件交渉なども、専任アドバイザーが代わりに行ってくれます。

ナース人材バンク
公開、非公開求人ともに豊富で業界トップクラスのナース人材バンクは、年間10万人以上の看護師が利用しています。利用している看護師の97%が満足しています。これだけの看護師の方が満足する理由は、専任アドバイザーがあなたの代わりに求人を探してくれるだけではなく、今の職場の悩みを聞いたり相談に乗ってくれます。また、就職が決まった後もアフターフォローも行ってくれるので安心して頼ることができます。

マイナビ看護師
CMでも流れているマイナビ看護師は、全国展開しており利用者満足度の高い転職求人サイトです。その理由は、実際に働いている看護師から職場環境をヒアリングし情報を得ており、その情報を教えてくれます。また今の職場の悩みや不安な気持ちを聞いてくれたり、今後の働き方を見据えた上で職場を紹介してくれるから人気のサイトなのです。