社会人になってから看護師をめざす人が増えています。看護資格のない社会人が転職をして看護師になるには、どのような方法があるのでしょうか。

看護師になるには?

看護師になるには資格が必要です。正看護師・准看護師のどちらをめざす場合も、専門学校や大学などの学校に通わなければいけません。教育機関で勉強し、試験を受けて合格すれば看護師資格をとることができます。正看護師は国家資格です。資格を取るためには国家試験に合格する必要があります。准看護師の資格をとるには、各都道府県が行う都道府県知事試験を受けます。こちらは国家資格ではなく公的資格となります。

社会人が看護師になるには?

社会人が看護師になるには、どのような方法があるのでしょうか。方法としては、「大学」または「専門学校」で学んで資格を取る2種類があります。

「大学や短大、専門学校で学んで資格を取る」方法では、まずは進学先を決めます。四年制大学に通う場合は、資格を取るまでにお金や時間が掛かりますが、保健師などの資格が取れたり、看護師になってからの給与が高かったりといったメリットがあります。専門学校の場合は、最短3年で資格を取ることができるというメリットがあります。ただし他の専門資格をとりたい場合は、改めて大学に入学する必要があります。

働きながら看護師になれる?

「働きながら学校に通い資格を取る」方法は、不可能ではありませんがかなり厳しい道です。具体的には、看護助手や准看護師として働きながら、准看護学校や看護専門学校で学ぶという方法になります。働きながらまずは准看護師の資格を取り、その後は准看護師として働きながら正看護師の資格をめざす、ということになります。

学校の授業のない時間に現場で経験を積むということになりますが、体力的にも、精神的にも、かなりタフな毎日となるでしょう。とくに、実習の期間は相当な負担がかかってきます。働きながら学びたいと考えている人は、しっかり両立できるかどうかをよく考えてから選択しましょう。