看護師はローンに通りやすいと言われています。それは看護師が国家資格であり、万年看護師不足ですから、都市でも地方でも需要があるということや、一般的に高収入であることなどが理由にあげられます。ですが看護師だからといって何もやみくもにローンに有利だとは言えません。例えば借入額が大きいとか、返済に滞りがあったなどのような状態であれば、いくら看護師と言えどもローンに通りにくくなるのは必然です。ですから看護師だからローンに有利というわけではなく、一般の企業にお勤めの方でも、普通の生活をしていて、定期収入があれば、住宅ローンでも車のローンでも審査は通りやすくなります。

しかし、こと消費者金融に限っては、やはり看護師はローンの審査に通りやすい傾向にあります。やはり看護師という資格は一生ものでくいっぱぐれがないので、高収入の職場を求めて転職を繰り返し勤続年数が浅い人でも消費者金融であればローンの審査に通りやすいです。それだけ看護師は社会的に認められた仕事であるといえるでしょう。ローンをやみくもに組んでしまうのは避けた方が良いですが、人によってはローンを組んでいた方が仕事にやりがいが出て一生懸命働けるという人もいますので、一概にローンを組むことが悪いとは言えません。中にはシングルマザーの看護師さんで、子供を3人育てるためにローンを組んで働いた看護師さんは世の中には沢山いらっしゃいます。看護師という仕事のおかげでローンを組むことができ、無事子供たちを高校や大学に進学させ卒業させた人たちもいます。元気で一生働くことができれば、返済していけるわけですから、ローンを組むことは間違いではないはずです。とりあえず近い将来必要な金額を工面するというスタンスであり、看護師として働き続けるという意思があれば、ローンは看護師にとってとても頼もしい存在になるのです。看護師はローンを組みやすいですが、くれぐれも無理のない範囲で借り入れをしてください。