最近では一旦社会人生活を経験したのち、あらたに医療の道を志し看護師資格を取得する人が増えてきており、看護学校にも社会人枠を設けるなどして新たな門戸が開けるようにしているところもあるといいます。

社会人から看護師を目指す理由として、現実的には一般の会社員よりも「お給料が高い」ことです。一般企業の総合職での初任給が20万円前後であるのに対して、看護師では基本給に時間外手当、夜勤手当などがプラスされるため、手取りが25万円くらいになることも少なくありません。

そして、昨今の高齢化社会に対応するため医療業界は常に人手不足です。どの求人情報などを見ても看護師の求人は景気の動向には関係なく、求人数が増えることはあっても減ることはないため「就職率はほぼ100%」であることでしょう。また、高齢化率が上がっている都心などでは企業系の有料老人ホームの建設などもどんどん進んでいるため、仕事内容はさほど厳しくないけど、お給料は良いなど、好条件の求人募集も多いのです。

そしてやはり「看護資格は一生ものの資格」といっても良いでしょう。結婚、出産を機に一旦退職する人も多いですが、復帰の際にも看護師では職場の需要も多く多様な勤務形態で働くことが可能です。また、一応定年する年齢は設けられているところもありますが、求人募集にはほとんど年齢制限はありませんので条件次第では継続して働くことができるでしょう。

また、経験を積むごとにスキルアップやキャリアアップのチャンスがあります。努力次第ではさらなる資格を求め努力することで、資格に対するお給料面のアップや手当、やりがいなどにもつながるでしょう。

ただし社会人から看護師になる事はそう簡単なことではなく、現実的に看護学校や大学に行くには時間もかかりますし、その間の経済的な問題、またほとんどが現役生ですので看護師になったときにも年下から指導を受けることにもなります。将来のビジョンとしてしっかり見据えた上で決心してください。