看護師2年目になり、仕事に慣れ、順風満帆の看護師人生を歩んでいるという人は意外と少ないのが事実です。さらに看護師業界は転職の多い業界として知られています。毎年10%以上の看護師が離職、転職します。その理由はさまざま。スキルアップであったり、結婚、引っ越し、またや自信喪失による心痛の離職だったりします。では、転職を成功させるためにはまず何をすればよいのでしょうか?

まずは自分がどんな職場を望むのかを考えることです。どんなスキルを身に着けたいのか。専門病棟にいきたいのか、夜勤の有無、給与希望額など、順に突き詰めていき、自分の望むものを明確にします。そして、自分の求めているものが明確になったのならば、次は職探しです。これはインターネット上にたくさんの看護師専門転職サイトがあるので、うまく活用しましょう。使い方はとっても簡単。各サイトに沿って必要事項を選択していくだけです。

さらに今いる職場の事も考えましょう。転職をする時期が忙しい時期と重ならないように気を配り、辞めることを決めたらできるだけ早く職場に知らせましょう。飛ぶ鳥後を濁さずといわれるように、今の職場に迷惑をかけるのを最小限にとどめるのが大人のマナーです。転職理由を聞かれたらと心配して、なかなか転職を切り出せずにいますか?そんなときは明るくポジティブに、なぜ転職するのかを伝えましょう。もう、この職場にいたくないというのではなく、スキルアップのため、また心機一転環境を変えて頑張りたい旨を伝えましょう。2年目で逃げるように転職するのではなく、より専門的技術を磨くためということが伝わるようにします。

石の上にも3年と言われますが、看護師の間では2年目の転職は珍しい事ではありません。さらにこの時期の転職は方向性を見い出し、より専門的知識を身に着けるよい機会とされています。2年目に入った今、なぜ転職をしたいのか、どんな職に就きたいのか、自分に今どんな技術があるかを見直してみるのはいかがですか。