結論から申し上げますと、実は転職サイトに登録するのにベストなタイミングというのはありません。あえて申し上げるとすれば、情報収集目的と合わせて考えると、転職を考えはじめた時がベストなタイミングといえます。

看護師に限らず医療業界は専門職のため、技術の有無を重視します。職場の雰囲気などには気が回らず、転職後にミスマッチが生じやすい傾向があります。そのため、年中問わず募集が行われています。とはいえ、実際に求人が多くなりやすい時期がありますし、実際に入職するまでにかけるべき時間の目安もあるので、そういった点から登録のタイミングを考えてみたいと思います。

転職のタイミングとは

転職を考えている看護師さんの多くは、期の変わり目かボーナスをもらった後に転職を考える傾向があります。

特に4月は新卒採用者が入職する時期で、各種研修や教育も多く行われるため、入職をスムーズにすすめるための条件が整いやすくなります。特にブランク明けの方や専門分野替えで新しく学び直したいと考えている方は、この時期に転職する人が多くなります。また、多くの病院では9月を年度の切り替え時期にしており、この変わり目に合わせて退職して新しい職場に入職する方も多くいらっしゃいます。

また、夏や冬のボーナス時期に辞める人も多く、求人案件も増える傾向にあります。多くの病院・企業で夏は6月~7月、冬は12月をボーナスの支給時期に設定しています。これは勤務している病院や介護施設・企業によって異なりますので、支給時期をしっかり把握した上で準備を進める必要があります。

退職の手続きは一般企業と変わらず、退職の意思は希望日の1ヶ月前までに伝える必要があります。そこから逆算すると、求人を探す期間も含めて2~3ヶ月は必要になります。退職の意思を伝えてから探すと、ギリギリになってしまうため、本来の希望とは違う病院に入職することもあります。

転職サイトに登録する際に、すぐに転職を予定していない旨を伝えると紹介されることはないので、最初に書いたように転職を考えはじめた時~実際に転職したい時期の3~4ヶ月くらい前に登録すると、希望に合った案件を探しやすくなります。

転職するために大切なこととは

転職活動は実際に求人を探し、面接する時だけではありません。自分が転職する際、どんな病院や施設、企業があるのかについて把握することも立派な転職活動です。給料や労働時間、キャリアプランなどあなた自身の中にある優先順位をつけた上で、自分の意思を持って地に足をつけて転職活動を行って下さい。