「看護師の仕事はキツイ」と言われますが、進学や就職をするにあたって「看護師」を選ぶ人は多くいます。看護師人気の背景には何があるのでしょうか。また、一方で、資格を取る前に「やっぱり看護師にはなりたくない」と考える人も多いようです。さまざまなケースについて考えてみましょう。

看護師が人気の理由

看護師という職業が人気である理由としては、「一生ものの資格である」という点が大きいでしょう。大学や専門学校に通って資格を取れば、看護師不足のいまの時代であればほとんどが就職できます。また、転職したい場合、ブランクのあと再就職したい場合でも、看護師資格があれば就職に困ることはないでしょう。

一般の仕事の場合、20代後半からは転職も厳しくなります。子育てが落ち着いてきた30代になって再就職しようとしても、なかなか就職先が見つからないというのが現状です。しかし、看護師の場合は違います。他の職種では再就職が難しい30代、40代でも比較的容易に就職先を見つけることができます。看護師人気の背景には、こういった理由があるのです。

看護師になりたくない?

将来のことを考えて「看護師になろう」と決意し、学んでいる学生はたくさんいます。しかし、大学や専門学校で学んでいる間に「看護師になりたくないな」と思い悩む学生も多いようです。

大きな理由としては、現場の厳しさが挙げられます。実習で看護の現場に直接触れ、仕事の難しさ、人間関係の難しさに直面し、「自分になれるのかな?」「厳しいからなりたくないな」と考えてしまうようです。現在看護師として働いている人の中にも、こういった悩みに覚えがある人は多いのではないでしょうか。たしかに医療の現場、看護の世界は厳しいものです。夢や希望が消えてしまうくらいつらい思いもするでしょう。しかし、看護の仕事は世の中に大きく貢献できる仕事です。同時に、自分自身を成長させることのできる職業です。厳しさ、つらさを乗り越えていくことで、大きなやりがいを見つけることができるでしょう。