看護師やナースの再就職を考えている人もいると思います。看護師経験のある人が再就職に対する不安を解消する方法や、再就職にオススメの時期などはあるのでしょうか。

ブランクに対しての不安を解消するには?

ブランクのある人が看護師として再就職しようとした場合、やはり不安はつきものでしょう。ブランクが長ければ長いほど、「現場のスピードについていけないのでは?」「自分の知らない技術や知識が必要なのでは?」と不安要素が多くなってくると思います。どうしてもブランクが心配な場合は、就職先を探すときに「ブランクのある方OK」などの表記を探してみましょう。看護師の求人市場は常ににぎわっており、慢性的な看護師不足が問題となっています。そのため、ブランクのある看護師を積極的に採用しようという病院や施設も多くあります。不安を解消するには、自分に自信をもつことが大切です。「自分は求められている人材なんだ」という強い気持ちで就職活動に励んでみましょう。

再就職に適した時期はあるの?

看護師として再就職する場合、適した時期はあるのでしょうか。実際のところ、看護師の求人は1年中ありますので、とくにオススメの時期はありません。強いて言うなら、退職をする人は年度末やボーナスをもらった後に辞めることが多いです。ですから、3月いっぱいで辞める看護師がいる場合は34月からの勤務、またはボーナス前後からということであれば夏や冬の時期からの勤務を想定して就活をすると、求人の数がいつもより多くなるでしょう。

再就職はどこに相談すればいい?

これから看護師として再就職しようという場合、どこに相談をすればいいでしょうか。選択肢としては、ハローワーク、看護協会のナースセンター、民間のエージェントなどがあります。それぞれに特徴がありますし、「合う」「合わない」もあるでしょう。知り合いの看護師からの情報や、インターネットの口コミなどを参考にして、自分に合った相談先を見つけてみましょう。