35

看護師バイトの求人先にはどんなものがあるの?

看護師が行っている副業としてのバイトには、病院や施設に直接雇用されるバイトや派遣看護師として単発で行うバイトなど様々な種類があります。

主に、クリニックや病院の外来看護師が一般的なバイト先です。
そのほか、今後より必要とされる分野としてあげられるのが訪問介護やデイサービス、老人健康福祉施設などでの日勤バイトです。

色々な面でメリットがあるバイト先としては、夜勤専従看護師や採血・健診バイト、ツアーナース、ライブなどのイベント看護師、救急・一般外来の単発派遣があります。

そこで、今回は数ある看護師バイトの中で、夜勤専従看護師、採血バイト、検診バイト、ツアーナースを取り上げ、仕事内容や時給、その仕事にマッチしている人について考えてみたいと思います。

夜勤専従看護師

36

仕事の内容

夜勤専従看護師とは、文字通り夜勤専門で働く看護師のことです。
主な求人先としては、総合病院などの病棟看護師や特別養護老人ホームなどの各種介護施設があります。

病棟で働く看護師であれば、夜勤を求められる場合もあります。
しかし、中には家庭の事情などで夜勤を敬遠される方もいます。
そういった中で、夜勤専門で働いてくれる看護師は、病院にとって非常に重宝がられる存在です。

夜勤専従看護師の平均時給

夜勤専従看護師の給料は、夜勤1回あたりの金額×働いた回数で計算されます。
金額は2交代制の場合と3交代制の場合で異なります。

  • 2交代制の場合は平均で30,500円
  • 3交代制の場合は準夜勤で18,000円、深夜勤では23,000円

これが1回あたりの平均です。

2交代制の場合、一般的には仮眠2時間、休憩時間2時間を除いた12時間が実労働時間となり、時給換算すると2,542円が平均時給となります。
3交代制の場合は、準夜勤と深夜勤を合算して時給計算を行うと、2,563円が平均時給です。

夜勤専従看護師にマッチする人とは

少ない勤務日数で高収入を得たい人
夜勤専従看護師のメリットとしてあげられることの多い項目が、少ない勤務回数で高収入が得られる点です。
その分、拘束時間も2交代制であれば16時間です。
しかし、1回あたりの夜勤の金額が高く設定されていれば、週1回ずつとしても月額12万円、週2回であれば月額24万円になります。

 

予定が立てやすい
夜勤専従看護師を選ぶメリットとしては、夜勤明けの日は必ず休みになります。
確かに体力的にはきついですが、休みの日が分かりやすいので、日中に用事を済ませたり、子供に向きあう時間を作ることができます。

 

人間関係が楽
夜勤の場合、患者さんは就寝している時間帯の勤務なので、業務量は少なくなります。
そのため、日勤と比べると人数も少なくなります。
少ない人数で勤務する分、急変などがあれば忙しくはなりますが、人間関係に気を遣いたくないと考える人が、夜勤専従看護師を選択するケースが増えています。

 

夜勤専従のバイトに興味がある人はこちらでも詳しく紹介しています。⇒がっつり稼げる看護師夜勤アルバイト!人気の秘密と求人情報について

採血バイト

37

仕事の内容

看護師の仕事には、様々な業務があります。
例えば病棟で働いていたら、入院患者さんの看護計画やアセスメント作成なども業務に入ってきます。
その他にも朝食、昼食、夕食の時間帯であれば、一人で食事ができない患者さんがいたら、介助を行うことも。

しかし、採血バイトであれば、それを専門に行います。
病棟で働く方もいれば外来の処置室で働く方もいますし、病院内の健診センターや赤十字血液センター、クリニックで働く方もいます。

採血バイトの平均時給

時給は雇用形態によって異なります。

病院や健診センター、クリニックで週3~4日くらい採血バイトを行っている人であれば、1,500円~2,000円くらいが平均時給となります。
また、派遣会社を通して採血バイトに入っている場合であれば、これよりは若干高くなり、1,800円~2,500円くらいが平均時給です。

採血バイトにマッチする人とは

お子さんが小さいなど家庭の事情で長時間働けない人
採血アルバイトは、決められた勤務時間の間、患者さんの採血を行うことが仕事です。
午前中のみもしくはお子さんが学校から帰ってくるまでなど短時間勤務で働いている方がたくさんいます。
勤務時間も数時間程度なので、週3~4日入れば、月に10万程度の給料になります。

 

残業があまりできない人
採血アルバイトでは、決められた勤務時間の間、入院患者さんや外来患者さんの採血を行います。
当然ですが、採血だけが業務です。
その他には多少の事務作業が入るくらいで、ほとんど残業は発生しません。
家庭の都合で残業ができない人は、あえて採血アルバイトを行っていることがあります。

 

採血のバイトに興味がある人はこちらでも詳しく紹介しています。⇒採血のバイトってどんな仕事?採血バイトをしている看護師の仕事を追ってみた

検診バイト

38

仕事内容

健康診断には、行政による特定健診や生活習慣病予防を目的とした健診、人間ドックなどがあります。
看護師が検診バイトで働く場合、巡回検診車に乗って企業や学校に出向いて検診を行う場合、検診センターなどの施設で行う場合などがあり、測定業務や検査業務が主な業務です。

健診センターで勤務する場合は、アルバイトで働く場合もありますが、巡回検診車であれば単発派遣で働く場合もあります。

検診バイトの平均時給

検診バイトでは、施設内での勤務が主か、巡回検診車での訪問検診が主かによって時給に違いが出ることはありません。
また、パート・アルバイト、派遣で時給に違いが出ることもなく、1,500円~2,000円くらいが平均時給です。

ただ、巡回検診車による訪問検診を主に行っている場合で、早朝から開始する場合は、手当がつくことがあります。

検診バイトにマッチする人とは

勤務できる時間帯に制限のある人
検診バイトでは、施設内での内勤であっても、巡回検診車での巡回検診であっても、勤務時間を選ぶことができます。
特に小さなお子さんがいて、家族や実家の協力が得られる時間帯に勤務しているママさん看護師も多くいるのが特徴です。
採血バイトと同じく、残業が発生することがほとんどないのも、ママさん看護師に人気のある理由です。

 

ダブルワークをしている方
検診バイトは、基本的に新入学シーズンの春~秋にかけて需要が多く、冬になると激減する傾向があります。
なので、単発派遣で働いている人は、シーズンバイトとしてその時期を狙って単発で入る人が多いのが特徴です。
ただ、これをメインにしている方の場合は、逆に冬になるとあまり仕事が入ってこないため、収入が激減します。
そのため、その間は別の仕事を行っていることが多いようです。

 

ツアーナース

39

仕事内容

文字通り旅行に添乗して、病人が発生した際に、応急手当や救急搬送の必要などを判断するのが主な業務です。
旅行と言っても、その範囲は国内旅行から海外旅行まで幅広く、林間学校や遠足、修学旅行や一般のツアーなど様々あります。

その他にも、参加者の年齢層などを見て発生しうることを事前に予測して、指導・声がけすることで、トラブルを事前に防ぐなど、どちらかと言えば地味な役割が多い仕事といえます。

ツアーナースの平均時給とは

ツアーナースは、旅行の全行程において添乗します。そのため、時給ではなく一回の旅行添乗につき、1日分の日当×添乗日数が収入です。
旅行の内容によって日当は様々ですが、12,000円~15,000円が平均的な日当になります。
海外旅行の添乗であれば、上記日当に1,000円~2,000円が加算されます。

1日8時間が勤務時間と想定すれば、1,500円~1,875円になりますが、実際は24時間旅行者に気を配る必要があります。

ツアーナースにマッチする人とは

旅行を楽しむことができる
ツアーナースの最大のメリットは、旅行費用を払うことなく、3食付きで添乗できることにあります。
もちろん、参加者の体調・健康に気を配ること以外にも雑務があるので、参加者と一緒に楽しむというわけにはいきません。しかし、旅行が好きな人であれば看護師としての仕事をしながら、いろいろな土地を見に行けるので、そういったことを楽しめる方であれば趣味と実益を兼ねた副業バイトになりえます。

 

専業で楽しむか、単発バイトか
ツアーナースは、旅行の全行程に添乗することが仕事のため、その全日程において影武者のようにいなければなりません。
旅行日程についても、国内であれば日帰りもあれば3泊4日という日程の場合もありますし、海外旅行であれば1週間以上の長期に渡る場合もあります。ツアーナースはお盆休みや年末年始といった時期、もしくは修学旅行が行われる時期など、繁忙期と閑散期で大きな差があります。
日帰りであれば仕事が休みの日の副業としても成り立ちますが、宿泊が必要になってくるとよほどの長期休暇が取りやすい環境でないと、ダブルワークには適していません。

また、これをメインとしてやっている人も、閑散期には病院や施設で働いている人、健診や採血バイトなどの単発バイトを掛け持ちしている方も多いのが現状です。

のバイトに興味がある人はこちらでも詳しく紹介しています。⇒ツアーナース、トラベルナース派遣の求人内容、時給や仕事情報も紹介

看護師バイトの実際

ここでは、数ある看護師バイトの中でもメリットが大きいとされるバイトを取り上げてみましたが、各バイトによってそれぞれ違いがあります。

看護技術はあるに越したことはありませんが、なければできないかと言われれば、ブランクがある方でもしっかり活躍されている方も多いので、技術の有無に大きな影響はないといえます。

それぞれの事情に合わせて、働き方を考えていくことで、良いバイトに巡り会える可能性も高くなります。

看護師バイトを見つけたいなら!

看護師バイトを探しているなら、看護師転職サイトを利用するのもひとつの手です。
こうしたサイトでは、正職員だけではなくバイトやパートなどの求人もあります。
いずれも無料で登録できますので、ぜひチェックしてみてください。

ナースではたらこ

ナースではたらこ

対応地域 全国
掲載件数 9万件
非公開求人 多数あり
その他 友だち紹介キャンペーン
  • パート・アルバイトの転職は業界No.1
  • 全国90%以上の医療機関情報あり
  • 希望の医療機関へ求人確認できる逆指名制度あり

ナースではたらこ公式ページ

MCナースネット

MCナースネット

対応地域 全国
掲載件数 20000件以上
非公開求人 あり
その他 キャリアコンサルタントが同行してくれるサービスあり
  • 医師が代表を務める転職支援サービス
  • ツアーナースや治験コーディネーターなど豊富な求人特集あり
  • 出張登録会あり

MCナースネット公式ページ

看護のお仕事(派遣)

看護のお仕事

対応地域 全国
掲載件数 記載なし
非公開求人 多数あり
その他 キャリアコンサルタントが同行してくれるサービスあり
  • 派遣に特化している看護師転職サイト
  • 非公開求人が多い
  • 専任のコンサルタントがサポート

看護のお仕事派遣公式ページ

看護師バイトに関する関連記事

看護師の副業|マイナンバー制度でどう変わるの?

看護師の副業まとめ 副業を探している看護師には看護バイトが人気