職種の違いについて様々なことが言われますが、「収入」も何かと話題になることが多い要素のひとつと言えます。
ただ収入に関しては一般的なイメージで語られることが多くて、看護師の収入もそのひとつで「高給」と言うイメージがある職種と言えるかも知れません。
しかし、「本当に高い収入なのでしょうか?」、また「どのような内訳なのでしょうか?」、そして看護師自体は「収入に満足しているのでしょうか?」と言った疑問があります。

ある調査によると看護師の平均月収は33万円で、それより推定される平均年収はボーナス込みで472万円程度と考えられます。
一般的に女性が得る年収平均のが200万円台後半と言うことを考えると、看護師の収入は女性の多い職業としては高収入でかなり高い水準にあると言えるでしょう。
ただ給与の明細を詳しく見ていくと、一概に看護師の収入が高いとは言い切れなのかも知れません。

実は、手当てを含まない「基本給」は一般的な仕事より若干高いだけで、看護師の給与を引き上げている要素は、夜勤手当や休日手当てなど各種手当てなのです。
また、より深い知識と経験を活かしてワンランク上の資格を取得したり、管理職の立場になったりすることでも手当がついてきます。
このように看護師の収入が高い裏側には夜勤や休日出勤など仕事のきつさがあるのです。
さらに、一日中立ちっぱなしのルーティン・ワーク、患者からの苦情対応や精神的フォロー、また医療に対する新しい知識や技術の習得など、様々な苦労が要求される職種なのです。

この為、「高い収入と言うのは認識しているけど収入に満足しているとは言えない」と考える看護師が多いのです。
つまり、高い収入で安定した職種と言うだけで看護師と言う仕事を続けることは難しくて、看護師の仕事に対して「やりがい」や「喜び」を感じなくては続けられないのかも知れません。
どの職種にも言えることかも知れませんが、単純に高い収入と言うだけで仕事を選ぶことはできないのかも知れません。