看護師になるためには、誰でも自由に資格試験を受けて合格すればよいというわけではなく、看護という分野で専門的な教育を受けることも大切な条件となっています。そのため、そうした教育機関に通ったことがない人がいきなり看護師試験を受けることはできませんし、独学だけで資格を取得できるというわけでもありません。

看護師の資格試験は毎年1回開催されているため、看護学生たちは卒業が近づいて来たらその試験を受験することになります。学校で学んだことをしっかり復習していれば合格することはできますが、学校での勉強だけで十分かと言えば決してそういうわけではありません。やはり、独学でも良いので自宅でしっかりと予習復習をすることは必要でしょう。

看護師の資格受験に合格するためのオンライン教材などもあります。学校の授業だけではテストでどんな所が出題されるか分からないという人にとっては、そうした教材を活用して傾向と対策をしっかり押さえた受験勉強をするのもおすすめです。こうした教材は自分のスケジュールで勉強できますし、教材自体がシッカリと要点を押さえてまとめられているので、試験に出そうなところを中心に勉強できるというメリットがあります。

看護師試験の中には、独学で勉強しなければいけないものもあります。例えば、海外で働くことができる看護師資格です。日本国内で取得した看護師資格は国内でしか通用しないため、将来は海外に出て働きたいという場合には、その国ごとの資格試験を受験して合格しなければいけません。医療事情が異なる上、語学面ではデメリットがあるので、独学で頑張るというのはかなりハードですが、海外で働くためには乗り越えなければいけないハードルなのかもしれません。オーストラリアのように、看護師留学をした人には居住資格が与えられてそのまま留学先で働き続けることができるという選択肢もあるので、海外で働きたい人はぜひ検討してみると良いでしょう。