看護師には彼氏と同棲している人がとても多いと言われています。その理由はいろいろありますが、ただ単に「彼氏といつでも一緒にいたい」というものだけではありません。看護師のお仕事は不規則な勤務時間なため、もしも彼氏がサラリーマンとして平日の昼間だけ働いている人だと、なかなか会う時間を作れません。そのためにすれ違いになって別れてしまったというカップルは多いですし、一度別れてしまうと出会いのチャンスが少ない看護師にとっては、次の出会いがいつになるのか分かりません。そのため、恋人との関係を少しでもスムーズに維持するため、同棲というスタイルを選択する人が多いのです。

同棲することは、看護師にとってはメリットがたくさんあります。彼氏と一緒に過ごせる時間が長くなるということはもちろんですが、それ以外にも、仕事と恋愛を両立するために時間の使い方を工夫しますし、仕事のストレスを家に持ち帰らないようにストレス解消法を上手く見つけている人も大勢います。その他、同棲をすると自宅で一緒に食事をする機会が増えるため、時間をかけずに美味しい料理を作るためのスキルを勉強することで料理上手になれるというメリットも期待できます。

同棲のデメリットは、家事の分担ではないでしょうか。自分1人の生活なら、疲れているから掃除はしないとか、洗濯は時間がある時にまとめてしようかな、と自分の疲労具合やスケジュールなどと合わせて家事の計画を立てればよいでしょう。しかし一緒に住んでいる相手がいる場合には、必ずしもそういうわけにはいきません。疲れて帰宅した時に部屋が散らかっていたらイラッとするかもしれませんし、家事を一切しない相手だと、まるで家政婦のようにあれこれ家事をしなければいけなくなってしまうことも考えられます。大好きな恋人と同棲する際には、メリットとデメリットを考えながら、自分の性格で同棲生活が務まるかどうかを考えながら決断するようにしましょう。