看護師は今でも白衣を着た清純なイメージがありますが、実際は徐々にそのファッション性が変化してきています。たとえば看護師の象徴だったナースキャップが多くの医療機関で廃止されたり、制服がスカート以外にもパンツのものができるなど、細かいところで違いが出ています。また大きなポイントはファッションがある程度自由になっていることです。昔と違い、今では髪を染めることも、メイクを濃くすることも禁止されてはいません。

ピアスについてですが、アクセサリー類になると現在でも完全に自由というわけではありません。しかし、医療機関によっては一部のアクセサリー類ならOKとしているところもあります。これはその医療機関における就業規則によるので、転職した時に確認しておくようにしましょう。ただし、ピアス着用が許可されていたとしても、勤務中にピアスを手でいじったりするのはさすがにやめた方がいいでしょう。

ファッションがある程度自由になった現在の看護師といえど思いきりおめかし(髪を結ばずに長く伸ばしたり、ネイルアートをしたり)をするのはさすがにNGです。しかしそのような状況だからこそ「ピアスくらいのおしゃれは許して欲しい!」という看護師も多くいます。

看護師によってはピアスのようなアクセサリー類の着用をたとえ禁止されていなくても自粛することがあります。なぜかというと、見た目の清潔さや実際の衛生を少しでも損ないたくないという理由からです。看護師はあくまで患者さんを看護する医療従事者なので、こういった意識を持つこと自体はとてもいいことです。

看護師のファッション制限に不満がある人はオンとオフを上手に切り替えられるように意識するといいでしょう。看護師は看護師モードになり、プライベートはプライベートモードになって思いきりおしゃれをするのです。そうした方が仕事にもプライベートにも力が入り、中途半端におしゃれをするよりも充実した生活を送りやすいので、参考にしてみてください。