不規則な勤務時間で働いている看護師は、本業の他にバイトを掛け持ちするということは難しいと言えます。勤務時間には夜勤や日勤などが混じっているので、毎日同じ時間にバイトを入れることが難しいためです。また、体力的にもハードな仕事なので、家に帰ってからバイトに行く体力も気力も残っていないという人が大半なので、バイトをするとなると相当の気合とやる気、そしてガッツが必要なことは言うまでもありません。

しかし、個人経営のクリニックのように勤務時間が平日の昼間だけと固定されているなら、週末や夜間にバイトをすることは可能です。公立の病院で働いている場合には、看護師は公務員という立場となるのでバイトは一切禁止と決められてしまいますが、私立病院の場合には職場でそうしたルールがなければ、バイトをするのは仕事に支障が出ない限りは問題ありませんし、わざわざ職場にバイトをしていることを報告する義務もありません。バイトをしたくても、職場の社内規定で禁止となっていれば無理ですし、隠れてコソコソバイトしているのが見つかったりすると、クビということも考えられるので、あくまでも社内規定で認められている範囲でのバイトということになりますね。

看護師のアルバイト求人はたくさんあります。本業ですでに働いている人なら、バイトを始めるならまずは単発バイトが良いでしょう。イベントがある時の救護室で働けるバイトは1日でも結構な高給を稼ぐことができますし、仕事の内容はそれほどハードというわけではないので、看護師経験が少ない人でも問題ありません。こうしたイベントでは、気分が悪くなったとか怪我をしたりという患者さんが多く、看護師のお仕事は応急手当をすることになります。また、大きな怪我をしたり、気分が悪くなった場合でも深刻な疾病を発症していると考えられる場合には、直ちに救急車を呼んで病院へ搬送するのも、看護師の役割となるようです。バイトでもその程度のことは責任を持ってする必要がありますので、あらかじめ理解しておきましょう。