【看護師は安定しているけれどハードな仕事】
看護師と言えば、一度資格をとればその後は働き口に困らない、一生働き続ける事が出来る資格として非常に人気が高いです。特に昨今では看護師不足が各地で訴えられており、今後も深刻化する事が予想されるので、看護師の資格を持っていればどこへ行っても仕事に困る事は無いでしょう。そんな看護師ですが、一方で非常に体力を使うハードな仕事である事でも知られています。女性が多いだけに人間関係で思い悩む人も多く、ストレスを抱えてしまいがち。そうなると、やはり離職率は高いのでしょうか。

【看護師の離職率は?】
看護師の離職率ですが、新卒で7パーセントから10パーセント、常勤の看護師で10パーセントから12パーセント程度と言われています。大体10人に1人が離職すると言う計算ですが、この離職率は果たして高いのでしょうか、低いのでしょうか。他の業界では、大卒の3年後の離職率は30パーセント前後であると言われています。それを思えば、看護師の離職率は低いと言えるでしょう。しかも看護師の離職率は、年々下がっているのです。未だ就職難をひきずるこの時世、安定して平均以上の収入を得られる看護師は、余程の理由がなければ手放す事など出来ない職です。

【看護師に多い離職理由は】
ハードではあるものの、他の職に比べれば非常に恵まれていると言える看護師ですが、離職する人は一体どのような理由で離職するのでしょうか。離職理由で最も多いのは、人間関係の悪化です。看護師は女性が多いので、人間関係が複雑になりがちです。中には陰湿な嫌がらせを受け、仕方なく辞めると言う人も居ます。嫌がらせを先導しているのが看護師長や主任と言う上の立場の人の場合はパワハラも加わりますので、非常に強いストレスを抱えながら仕事をする事になります。看護師は再就職先に困らないので、ストレスを抱え続けて鬱などになってしまう前に辞めてしまうケースが多いです。