看護師の転職を成功させるにはまず求人に応募し、面接を受け、それに合格しなければなりません。面接はあらかじめ質問を予測しておき、答えをまとめておくことでスムーズに答えることができるので、面接に不安がある人はやっておくといいでしょう。

たとえば転職の理由はほぼ必ず聞かれるのでスムーズに答えられるようにしておく必要があります。転職をするということは前職に何か不満があったり、新しい職場でさらなるキャリアアップを目指したりといった何かしらの理由があるはずです。しかし、どのような事情にしろ、前職の職場を否定するようなことは基本的に言ってはいけません。転職の理由はできるだけ前向きな内容にまとめることが、面接官の印象をよくするコツです。

それからこれまでの経歴や経験、実績についてもスムーズに答えられるようにしておきたいところです。転職をするということは前の医療機関で看護師の経験を積んだということなので、採用する側としては「どのようなスキルを持っているのか」を知りたくなります。そのスキルが高く、なおかつ医療機関のニーズにマッチしていれば、即採用されることもあるでしょう。

他にもなぜその医療機関の求人に応募したのかということも答えられるようにしておくべきです。医療機関とひとくちにいっても幅広いものがあり、看護師の業務も職場によって大きく変わってくるので、そのあたりの違いをしっかりと把握している必要があります。その医療機関だからこそ自分の看護スキルが活かせるということをアピールできるとなおいいです。

転職サービスを利用しているのであれば、面接サポートを受けるといいでしょう。転職サービスの面接サポートでは看護師の面接事情に詳しいコンサルタントがどのような受け答えをすればいいかを教えてくれます。また応募する医療機関の過去の面接でどのような質問をされたかがわかるサービスもあります。面接体制が変わっていなければかなり有効な情報といえるでしょう。