看護師の転職はいきあたりばったりに進めると満足する結果にならない可能性があります。そのため、事前に確認しておきたいポイントを押さえておき、万全の準備を経て転職に臨むようにしてください。

まずは転職の理由を明確にすることから始めるといいでしょう。転職をするということは前の職場をやめ、別の新たな職場を探すということなので、そうしようと思った何らかの強い理由があるはずです。たとえば給与が低いことや人間関係がうまくいかないなど、思い浮かぶものは何でも書き出してみるといいでしょう。また転職をすることでそれらの問題が解消されるのかどうかということも意識するべきです。

それから転職先の条件も確認しておきたいポイントです。以前の職場以外なら何でもいいというほどでもなければ、何らかの条件を新しい職場に求めているはずです。特に「どうしても満たしたい条件」と「満たせたらいい条件」に分けて考えてみるとスムーズに整理できます。まずは「どうしても満たしたい条件」の方から考えてみましょう。

他にも転職をいつするかということも確認するべきポイントです。転職をいつするかは個人の自由なので、都合のいい時を見て計画するといいでしょう。失業保険を受給する予定の場合は失業保険の受給期間を意識しながら転職活動を行うとベストです。ただ万が一失業保険を受給する前に転職したとしても、再就職手当という形でもらえるお金もあります。

最後に希望する給与額は必ず決めておくべきです。仕事に満足いくかいかないかは結局給与に絡んでくることが多いので、自分がどれくらいの給与額に満足するのかを知る必要があります。看護師は基本的に給与が高い傾向にありますが、医療機関や診療体制によって多少の差はあるので、油断しないようにしましょう。特に夜勤があるかないかで給与額に差が出やすいです。しかし夜勤は給与が高い分ハードなので、それに耐えられる人でなくてはなりません。