看護師が転職をする時は必ず失業保険の内容を考慮しながら行うことが大切です。というのも、看護師は基本的に収入のいい職種なので、それだけ多くの給付金を受け取ることができるからです。また次の職場となる転職先をスムーズに見つけるためにも、失業保険は最大限利用するべきです。

しかし注意しなければならないのは「失業保険の給付制限期間」です。失業保険は条件によっては3ヶ月の間、受給が制限されることがあります。その条件は看護師の仕事をどのような理由・事情で辞めたかということに大きく関わっているのですが、たとえば自主退職・懲戒解雇によるものがあげられます。自主退職・懲戒解雇は看護師本人が望んで退職したということが考えられるので、失業保険をすぐに受給することができなくなります。

退職理由には上記の他に定年や解雇によるものがあげられます。定年や解雇による退職は本人ではなく雇用主が望むことで行われるので、看護師本人に非がないことが多いです。そういった状況で失業保険を3ヶ月間受給できなくなると本人の負担が理不尽に大きくなってしまうので、この場合はすぐに受給できるようになります。

ただし、看護師の業界では定年や解雇による退職は稀なケースです。多くは自主退職に当てはまることになるので、失業保険を3ヶ月間受給できないことを肝に銘じておく必要があります。具体的には突発的に辞めたりせず、退職後、3ヶ月間は生活できるだけのお金を貯めておくべきです。

3ヶ月間の給付制限期間中に転職に成功した場合、失業保険は受給できなくなりますが、代わりに「再就職手当」を受給できるようになります。ただし、再就職手当が受給できるのはハローワークもしくは国が認めた人材紹介会社で転職した時のみです。そのため、再就職手当を受給したい場合は退職後必ずこれらのところで転職活動を行う必要があります。看護師の転職をスピーディーに行う時に参考にしてみてください。