看護師が福祉施設等で仕事をしていくケースも多くなってきています。福祉施設等で仕事をしていく職種の中で、老人ホーム等で看護師がよく見られるようになってきました。老人ホーム等での看護師は、看護師としての役割は当然、介護士としての立ち回りも求められ医療と福祉の専門家になることができます。

それゆえに待遇等も良いことが多く、比較的プライベートと仕事の両立をしやすくなっている面があります。老人ホームの看護師に転職|仕事内容、年収、向いている看護師でも紹介していますが、老人ホームで仕事をしていく場合の看護師の平均の年収は、東京で400万円から520万円前後であることが多く、病院の看護師に比べると給料は少なめな傾向があります。

ただ、老人ホームというのはその待遇の差がとても大きく、地方に行くと年収が400万円近くいく人もいれば、年収が200万円前後になってしまう人もいます。ボーナスの程度や昇給の具合によっても大きく変わってくるので、正直なところ平均の年収というのはあまりあてにならないことになります。
年収が気になるということであれば、しっかりと施設の担当者に確認をしておくべきです。施設によってはボーナス等があまり期待できないこともあります。そうなると基本給が大きくても実は年収自体それほど大きくならないケースもあります。

待遇の差というのは医療機関に比べて、施設同士で差が大きくなりやすく、老人ホームで仕事をしていく際のデメリットになってしまうことがあります。待遇の良いところで仕事をすることができれば逆にメリットにすることができるのですが、良いところというのは競争率が高くなり、看護師としての離職率も低くなります。逆に看護師としての職の定着率があまり良くない職場というのはそれなりの原因があることが多いです。(病院等で看護師の離職率が高い場合、給料は良くても、休日等がとりづらい等、待遇の面でデメリットがあることが多いです。老人ホームでもこのようなことは起こりやすく、また病院以上に待遇が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です)

介護職としてのニーズがあることに関してどう思うか・・・

老人ホームの看護師として仕事をしていく際には、介護職としてのニーズも求められることが多々あります。この点にやりがいを感じることができれば、老人ホームというのはとても大きなやりがいのある職場になるでしょう。しかし職場によっては看護師、介護職が明確に役割分担をされていることもあり、その場合看護師の役割は看護であり、介護ではなくなってしまいます。
この役割によって「手当て」の存在が出てくる場合と、そうでない場合もあります。看護師として就職をしたが、看護師以外のことを求められ手当てが出てくるという場合、収入というのは自然と増えていきます。しかし看護師のみの業務であると看護師業に関する手当て以外は出てこないことになります、
業務内容、そして手当てについてもしっかりと配慮しておくことが大切になります。
(当然看護師以外の仕事をするが特に手当ては何もないというケースもあります。このような施設による特徴、待遇の差は本当に千差万別であるので、多くの職場を確認していくことをオススメします)

1位 ベネッセスタイルケア

老人ホームに焦点を絞って仕事を探していきたいという人にベネッセスタイルケアというものがオススメです。大手の企業であるベネッセによる求人サイトでもあり、同時に老人ホームを始めとした介護、福祉についての多くの情報提供サイトでもあります。それゆえに求人だけでなく、老人ホーム等を探している、介護や福祉について知りたいという人にとっても非常に有意義なサイトになっています。総合的に情報収集をしていきたい人向けとも言えるでしょう。
当然看護師にとっても有益な情報は多く揃っています。求人情報としてもしっかりとした質が揃っていますが、高齢者施設、介護施設を重点的に調べていきたい、知っていきたい人にとって特にメリットが大きくなるでしょう。
介護や福祉現場でどのような看護師としての仕事があるのかをはじめとして、看護師の状況がどのようになっているのかを大まかに知ることができ、当然求人サイトとして利用することによって、スタッフと協力をしてより深く現場を知っていくことができます。
また大きな特徴として、福祉現場で仕事をしていくための研修や支援体制等が多く揃っているという点が挙げられます。
ベネッセの専門的な研修体制によってバックアップを受けながら介護施設、福祉施設で仕事をしていけるため、少しブランクのあった人、病院等でしっかりと勤務をしてきて、介護現場に馴染めるか不安と感じている人にとっても大きな助けになっていくはずです。スキルアップをしていきたいという人にとってもオススメです。

2位 看護のお仕事

看護師としての求人サイトでとても知名度の高い看護師求人サイトとなります。看護師としての全般的な情報を扱っており、医療、介護、福祉全ての情報を網羅していると言えるでしょう。それゆえに自分の希望にあった職場を見つけていける可能性が高く、また求人サイトのスタッフをフル活用し、理想の職場を見つけていくための行動も起こしていくことができます。
介護施設等の情報にも力を入れており、介護施設で仕事をしていきたいと思っている人にとっても手を出しやすい求人サイトとなっています。情報量が多いので、全ての情報を自分だけで確認するというのはなかなか難しいですが、コンサルタントをはじめとするスタッフ等と協力をしながら、自分にとって「おすすめ」の情報を探していくことはできます。
ただ、特別福祉や介護に特化しているということではないので、当然医療系の求人も目に入れていく機会は多くなります。
本当に介護や福祉のみに特化した情報がほしいという人よりも、どちらかというと福祉や介護に興味がある、医療系の案件も条件によっては興味があるという人向けであると言えるでしょう。

3位 ナース人材バンク

看護師求人サイトの代表格とも言えるナース人材バンクは求人情報を多く扱っているサイトになります。実績としても豊富にあるので、困ったらとりあえずナース人材バンクの情報を確認しておくということでも大きな問題はありません。
実績が豊富であるので、スタッフ等のサポートもしっかりしており、自分の条件、地域に沿った情報を揃えていくことはできると言えるでしょう。
介護施設に関する特集を組んでいることもあり、介護施設について情報を集めていくこともできるでしょう。
気になる就業状況や、仕事の仕方等も一般的な情報としてまとめてあることになります。気をつけていきたいのは、しっかりと「福祉や介護の現場に興味がある」ことを伝えておくことです。情報が多くあるので、条件だけをスタッフに伝えてしまうと、医療、福祉、介護の全ての面で情報が集まってしまい精査が大変になってしまうこともあるでしょう。