離職率が高い看護師の仕事。看護学校で勉強し、看護学校から実習先などの大きな病院で働く人が多いです。そして色々な経験を積み自分が好きな診療科に移りたい、または人間関係などが原因で職場を離れる人が多い様です。また看護師として採用されるために就活しなくてはいけません。大きな病院が良いのか、近くのクリニックが良いのか?それとも治験などの研究施設、または介護施設などどんなところで採用されたいのか絞り込まなくてはいけません。

看護師が希望の所に採用されるにはどんな事を気をつければ良いでしょうか?まずは求人募集に対する問い合わせです。多くの所がインターネットのメールを使った応募です。確かに看護師の仕事はシフトによっては電話が出来ない事も多いからです。しかし相手からの電話には夜勤明けや休日であってもきちんと丁寧に対応しましょう。メールでのやり取りが中心になりがちの現在、電話からの印象はとても大切です。

履歴書に関しては今までの経験が的確にわかるように書くことです。長々と書くのでなく今まで行ってきた検査や、どのような看護ケアなどを習得しているかを簡潔に解るようにします。

そして殆どの病院や施設が採用するかどうかを決めるのが面接です。受ける診療科によって面接も違ってきます。美容外科などの自由診療のところでは、その看護師が自分のクリニックのイメージに合っているかなどを見るでしょうし、その診療を専門に扱っている研究施設などでは、どれだけ専門知識を持っているかを問われる事になります。また志望動機も聞かれるでしょう。どうしてその病院や施設で働きたいのか?をはっきりと言う事です。面接に挑む前にどのような質問が出るかをシミレーションして練習してみると良いでしょう。

インターネットでは看護師の採用に関する記事が色々と出ています。参考になるものも多く、採用する側がどのような視点で看護師の採用を決めるかなど読む事が出来ます。またどのような形で採用を手にしたかの体験談も読む事が出来ます。