看護師を続けていると、日々いろいろな悩みや不満にぶつかります。実際に転職をした看護師の転職理由にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

お給料をアップさせたい

同じ仕事でも病院やクリニックによって給与に差があるものです。看護師の仕事は全国的に見ても求人数が多く、今の職場よりも高い給与がもらえる求人情報をたくさん見つけることができます。「同じ仕事をするならお給料が高いほうがいい」と考えるのも当然のことでしょう。収入アップのための転職をする看護師は多くなっています。

キャリアアップしたい

「もっとキャリアアップしたい」「自分をスキルアップさせたい」、そういった理由で転職を考える人は多くいます。「現在の職場の体制ではキャリアアップは難しい」ということで、転職をしてさらに上をめざすというケースです。認定看護師や専門看護師などの資格取得をめざす人も多いです。

人間関係の悩み

看護師の仕事は、たくさんの人と接する仕事です。同じ職場の看護師や医師、スタッフ、そして患者さんや外部関係者など、常に人と関わっている仕事だと言えるでしょう。とくに看護師同士の人間関係のトラブルは多く、どうしても改善することができずに他の職場に転職する、という人もよく見かけます。

勤務体制への不満

「残業が多い」「交替制のシフトがきつい」「希望する日に休みがとれない」など、職場の勤務体制に不満をもって転職する人は多いです。「実際に働いてみたら、最初の説明と違った」というケースもありますので、転職する際には細かくチェックすることも大切です。

通勤が不便

「結婚などを機に引っ越したけれど職場が遠くなった」「通勤時間を減らしたい」という理由での転職も多くなっています。通勤は毎日のことですので、できることなら近いほうがいいですよね。通勤時間はできるだけ短縮したいものです。生活環境の変化が転職の原因になるケースは多いようです。