働いているすべての人にとって、最も気になることの一つがお給料のことです。特に看護師は、世間では高い給料がもらえるというイメージがあります。
f6d4358d554439a1a5f1e401f5558921_s

arrow_orangeそこで実際のところはどうなのかについて、年収カーブを作り、他の医療職とも比較しながら、その実際について書いてみたいと思います。

看護師の年収事情とは?

8f65da12fe188d6b44ab67809a7804f2_s

point
年収の移り変わりを経験年数ごとに表していくと、以下のようになります。

男性看護師

新卒 2,985,422円
経験1~4年   3,845,444円
経験5~9年   4,224,033円
経験10~14年 4,387,022円

女性看護師

新卒 3,010,744円
経験1~4年   3,784,233円
経験5~9年   4,088,589円
経験10~14年 4,347,311円

看護師は男女での給与総額の差があまりない職種と言われていますが、年数により徐々にその差がついてくる傾向にあります。また、看護師の年収カーブは、男女ともになだらかなカーブとなっていて、俗に「寝たきりカーブ」とも言われます。

 
平成25年までのデータが確認できる薬剤師の場合、このような年収推移になります。
0ac816be3992482dfa31325687afef02_s

男性薬剤師

新卒 3,609,763円
経験1~4年   4,431,825円
経験5~9年   5,159,513円
経験10~14年 5,837,938円

女性薬剤師

新卒 3,228,875円
経験1~4年   3,930,238円
経験5~9年   4,451,550円
経験10~14年 4,867,625円

年収推移を見ると、薬剤師は経験年数を積むにつれて順調に昇給していき、年収が増えています。しかし、看護師の場合は大幅な昇給が見られないことが分かります。

看護師の給料が低くなっている理由

一旦休職・退職する看護師が多い

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s
近年では男性の看護師も増えていますが、今でも看護師の95%は女性が占めています。
女性の場合、結婚・出産・子育て・介護などのライフイベントがあります。
看護師でも、多くの女性が上記のようなライフイベントを理由に休職・退職を選びます。

看護師の場合は、基本給よりも夜勤手当などの諸手当の方が大きな割合を占めています。

復帰しても、育児を優先すると、なかなか夜勤ができなくなってしまうので、夜勤が減少することで収入が減ることになります。
また、パートを選ぶと非正規雇用になるので、このことも収入が下がる要因になります。

看護師の場合、昇給の機会が少ない

001
看護師の役職には、副主任、主任、副師長、師長、副看護部長、看護部長があります。
ただ、診療科が多い総合病院の場合、看護部のスタッフだけでもかなりの人数がいます。そのため、各部署でのポストの絶対数が少なく、相対的に昇進できる確率は低くなります。

また、看護職の年収カーブは「寝たきりカーブ」と言われるように、昇給幅が狭いため、どうしても年収カーブが上がりにくく、給与水準も低くなりがちです。

給与体系の影響

3d726a89b8c25ffd9950bedc47356813_s
前にも少し触れましたが、看護師の給与は基本給より夜勤手当や時間外手当などの諸手当の割合が高いという特徴があります。

多くの医療機関では、時間外手当や賞与・退職金の算定基礎として基本給が用いられます。

attentionそのため、いくら給与が高く見えたとしても、基本給が低い限り大きな年収アップは望めないことになります。

年収アップする方法とは?

看護師が年収アップを考えた時、どのような方法があるのでしょうか。

まず1つは、昇進を目指すことです。
師長や総師長に昇進したら夜勤がなくなるため、一時的には年収は減ります。しかし、役職手当が増えますし、統率力やコミュニケーション力が認められれば、さらに上の役職に近づく可能性もあります。
2つ目は、看護職以外のスキルを身につけることです。
病院に勤務することで磨かれる基本的な看護技術や専門的な看護技術の他に、PCやコミュニケーションスキル、英語力を身につけることを転職に強いです。

英語力であれば、医療英語セミナーがありますし、コミュニケーションでは各種コーチングセミナーが開催されています。キャリアプランと照らしあわせて、スキルを磨くといいでしょう。

3つ目は、今の病院よりも好条件で働ける別の病院や施設に転職することです。確かに病院勤務では昇進幅は狭いですが、看護師の勤務先は病院だけではありません。また現在働いている病院よりもあなたの経験や職歴を見て年収を今よりも上げて貰える可能性が十分にあります。

133575669a99f72a77f3c73862b4d3e8_s

attention
もちろん上記の1,2と併せる事でさらに年収をアップさせることも可能です。

年収アップへの道を切り開くために

本気で年収アップを目指すとなると、かなりの努力が必要となります。
看護師としての技術向上はもちろんのこと、それ以外のスキルアップも行うとなると、一見遠回りに見えるかもしれません。

しかし、最終的に年収アップを目指すとなると、これが最良の方法となります。
また、転職するためには、スキル以外にも給与ややりがいなど考慮すべき点もあるので、そういった面での情報も仕入れる必要があります。
212883effe623477dfab35a0622db720_s
1人では限界があるので、転職サイトのアドバイザーなどを活用して、様々な視点から情報を仕入れることが大切です。
年収アップの方法はたくさんありますが、一番早いのはやはり転職サイトを通じての転職です。

今の給料に不満があって後3年、5年と我慢できない!!という人は転職サイトに相談してみてもいいと思います。
転職サイトエージェントではあなたの年収が実力に合っているかなども相談に載ってくれますよ。