一つの病院に長く勤める人もいれば、人間関係やスキルアップを目指して転職をする人たちもいます。また就職活動を行うわけです。新人看護師の就職先として看護学校時代に実習を受けた公立の病院や、大学病院などがあります。このような病院は実習生を受け入れる事で、将来必要になる看護師を確保するという目的もあります。一度実習を行っているので安心感もあるし、同じ学校から先輩達も多くその病院に就職しているでしょう。しかし看護師の就職先は実習先の病院だけではありません。新人看護師として就職できる色々な職場があります。

新人看護師として就職先として考えられるのは保育園です。子どもの怪我や具合が悪くなったときの処置、薬を飲まなくてはいけない子ども達の服薬管理、食育なども行います。土日は休み、夜勤はないし、かわいい子ども達を相手に人気が高い仕事です。しかし看護師としてのお給料を考えると15万円から20万円とかなり低いです。それでも保育園への就職は看護師の仕事として人気が高く伝手を頼ったりと言う事が多いようです。

看護師としての就職先には介護施設や訪問看護という仕事があります。介護施設の仕事は一緒に働いている先輩や指示を受けながら、介護施設の入居者やデイケアなどで来た人たちの健康管理や、具合が悪い人たちのお世話をするものです。新人看護師でも就職する事が可能だといわれています。ただ訪問看護の仕事は一人で支援が必要な人の所に訪問する物で、新人ではちょっとむずかしいかもしれません。

また美容外科も就職先として人気があります。美容外科はお給料も良く、夜勤もないために人気が高い就職先です。しかし美容外科は自由診療で、健康保険の適用外となり高額です。クリニックとしても積極的に患者に対応する事を期待されるようになります。

この様に看護師の就職先として大きな病院やクリニックだけでなく、色々な所で看護師の就職先があるようです。いろんな選択肢があるんですね。