【看護師と夜勤】

大きな病院に勤める看護師ならば誰でも一度は体験する事になるであろうものが夜勤です。入院患者を抱えるような大きな病院に勤めている看護師は、2交代か3交代で働いている事が多いです。

2交代の場合は単純に日勤と夜勤でわかれますが、交代が少ない分、1度の勤務が長いです。3交代の場合は朝から夕方までの日勤、昼過ぎから日付が変わる前後までの準夜勤、そして日付が変わってから朝までの夜勤でシフトが組まれます。

【どちらの働き方が楽か】
看護師という人の健康と命を預かっている仕事をしている以上、毎日規則正しい生活を送るのは難しいですが、2交代と3交代、一体どちらの働き方が楽なのでしょうか。どちらが楽であるかは、人によります。長時間働く体力がないので3交代で小刻みに働き、定期的に休息をとる方が合っていると言う人もいれば、勤務時間は長いけれどその後の長時間の休息でしっかり疲れを抜いた方が楽だと感じる人もいるのです。こればかりは個人差があるので、一概にどちらが良いとは言えません。どちらの勤務形態が向いているのかは、実際に働いてみるしかないのです。

【夜勤は月にどれくらい?】
月にどの程度の夜勤が入るかについてですが、これも2交代と3交代で変わってきます。基本的には3交代勤務の方が、一度の勤務時間が短い分、勤務回数も増えるので、夜勤で入る回数も多くなります。家庭の事情や環境などの理由から夜勤にあまり多く入れない人は、2交代勤務が出来る病院で働くと良いでしょう。

では、具体的にどれくらいの回数の夜勤が入るのかについてですが、2交代の場合は月に2回から4回程度と言われています。夜勤専門でない限り、これ以上の回数で夜勤が入る事はまずありません。そもそも4回でも多いと言われる事があるくらいです。

それに対して3交代勤務の場合は7回から8回と、2交代勤務の倍近い回数になりますので、週2で夜勤が入る覚悟はしておいた方が良いでしょう。