看護師の仕事は国家資格。少子化に高年齢化と看護師は何処に言っても再就職に困る事は無いと言われています。そのために気軽に離職する人もいます。確かに大きい病院や介護施設、新しく作られる医療関連の施設など働くところはたくさんあります。看護師に取っても再就職はどのような職場で、その環境、勤務体制、人間関係など不安な事がたくさん出てきます。看護師が再就職する際のノウハウを考えてみましょう。

どんな職場が良いのか?

今までの経験を活かし、さらにスキルアップしたいのか?

他に行きたい、経験してみたい診療科があるのか?

大きな病院で福利厚生がしっかりしている所が良いのか?

小さい家庭的な街中のクリニックが良いのか?

忙しくてもお給料が良い所が良いのか?

お給料が低くても忙しくない所が良いのか?

この様に考えていくとどちらにもメリットがあります。自分が再就職に何を求めているか考えてみましょう。それぞれの課題にあるメリットとデメリットを書き出し、自分の希望を絞って行く事が出来ます。

長いブランクがある人は、再就職しても仕事場に慣れるかどうか?と言った不安があります。未経験な診療科目、新しい医療知識に関する不安、看護協会が復職支援研修を行っています。また再就職先によっては経験を問わない、ブランク可というところも出てきています。また美容外科など自由診療の分野では徹底した研修を行うところもあります。再就職に関して調べてみると良いでしょう。

再就職を行うまでに生活環境が変わっていることもあります。結婚、出産など今まで働いていたときとは、生活環境が変わってきます。子どもがいれば夜勤や残業、24時間体制の大きな病院は向いていないかもしれませんし、体力的な問題も出てきます。また一番気になるのは人間関係かもしれません。看護師の離職の原因の多くがこの人間関係だからです。それだけに再就職の際には人間関係にも気を使います。看護師の転職サイトの体験記などを見てみると良いかもしれません。自分の経験の無い診療科の雰囲気などがわかることでしょう。