看護師が転職を考える場合、何を基準に決めるケースが多いでしょうか。看護師と一口に言っても、勤務先や配属先によってその仕事内容はさまざまです。転職の理由として、「新しくこんな仕事をしてみたい」「キャリアアップしたい」と考える看護師は多いようです。ここでは、病院内の部署にこだわって仕事内容について見ていきます。

外来看護師の仕事

外来看護師の仕事では、医師の補助や医師と患者さんをつなぐ役割をこなすことが多くなります。たくさんの患者さんの診察・治療をスムーズに行うため、機器の準備や検査の準備、伝票やカルテの整理などを精力的にこなす能力も大切になります。スピーディーな判断力とともに、多くの医療知識が必要な部署です。

病棟看護師の仕事

病棟看護師は、24時間体制で入院患者さんと関わる仕事です。勤務は交替制で夜勤のある場合が多いです。具体的な仕事内容は、受け持ちの患者さんの世話や介助、ケアなどになります。点滴や採血などを行ったり、体調管理、食事の補助や入浴補助など、幅広い業務を行います。患者さんとじっくり向き合える職場です。

オペ室担当の看護師の仕事

オペ室担当の看護師は、機械や器具の準備、医師の補助などが主な仕事になります。長時間かかるオペでは、スムーズに手術が進むように先を読んだ行動が大切になります。医師が必要としているものは何か、次に行うべき作業は何か、常に先を読みながら的確な判断力で対応していく能力が必要になります。また、オペを乗り切る体力や、血液・内臓などを見続けても動じない精神力も必要です。

救急外来の看護師の仕事

言うまでもありませんが、救急外来は最も急を要する職場です。事故や病気で運ばれてくる患者さんに対して、どのような救急措置が必要なのか、また、処置のためにどのような薬品や器具が必要になるのかを瞬時に判断しなくてはなりません。判断力とともに行動力や対応力も必要になりますし、医師や他のスタッフとの連携も大事な仕事です。

それぞれの部署によって仕事内容はさまざまです。仕事内容を見比べながら自分の適性と照らし合わせ、より自分に合った転職先を見つけていきましょう。