大きな病院、介護施設などでは24時間体制になっています。そのために街中のクリニックではない夜勤が出てきます。日本の看護システムは3交代と24時間を3つにわけ、1シフトが8時間になるようになっています。一般的な三交代は日勤が8時半から夕方5時まで、准夜勤として夕方4時半から深夜1時まで。そして深夜勤が夜中の12時半から翌朝の9時までとなっています。それぞれのシフトが30分間被っているのは、シフトが変わる際に引継ぎや申し送りをする必要があるからです。最近は1回のシフトが12時間と言う二交代を取り入れている所が多くこの二交代が主流になりつつあります。この三交代、二交代は働く時間の長さが違ってきますが、どちらにもメリット、デメリットがある様です。

三交代は日勤、深夜勤、准夜勤そして休日と、変則的に3日働いて1日休みとなります。確かに18時間ですが、日勤として働き、夕食、仮眠をとって深夜勤として仕事、そして朝方自宅に帰り睡眠を取って同じ日の午後4時半からの准夜勤に備えます。この形だとそれぞれのシフトは8時間勤務ですが、次のシフトへの間に十分な睡眠を取るのは難しそうです。また仕事が忙しく残業になった場合には、十分な休息が取れずに疲れた体で勤務を行う事になるのが問題視されています。

それに比べ二交代は働く時間は12時間と長くなりますが、一般的に朝の8時から夜の8時まで、そして夜勤として夜の8時から翌朝の8時までになります。看護師の中には三交代よりも二交代の方が良いという人が多いようです。日勤の翌日に夜勤、または二連続で夜勤となっても十分な時間が取れるので、細切れの睡眠ではなくしっかりとした睡眠を取って休息することができます。また仕事とプライベートがはっきりと分かれることで、看護師が肉体的にも精神的にもリフレッシュして仕事に戻れるからだといいます。8時間勤務と短い勤務でもゆっくりと休息が取れない三交代、それにくらべ勤務時間は長いけどゆっくり休息がとれる二交代、これからもどちらが良いか議論が続きそうです。