就職して一人暮らしを始める時は、誰にも干渉されることなくのびのびと好きなことができるとわくわくするものですが、いざ始まってみると掃除や洗濯、買い物、食事の支度など全て自分一人でしなければなりません。もちろん生活費の管理も自分ですることになります。看護師になって一人暮らしを始めるようになったら、こんなに大変なものとは思わなかったという人が多いです。看護師の一人暮らしの大変なところはどのようなことなのでしょう。

 一人暮らしで一番大変なのは食事です。自炊できる時はするように心がけていますが、交代勤務をしていると体はくたくたなので、自炊する元気がないという声は多く、ついついコンビニ弁当やパン、サンドイッチで済ませてしまうようです。仕事にも手作り弁当を持って行こうと最初は思ったけれど、弁当を作る時間を睡眠に充てたいと思うようになり、コンビニで買ったものを持って行くことが多いのです。職場でも業務が終わらず休憩時間まで仕事をしなければならなくてまともに食事が摂れないことも多々あるようです。

 看護師の仕事は思ったよりもきつく、体調を崩してしまうこともあります。一人暮らしだと誰も面倒を見てくれませんから心細くなるものですが、体調を崩さないように体のケアをするようにしましょう。夜勤で疲れた体はしっかり睡眠を取って休めてあげないと次の仕事に挑めません。体調管理も自分でしなければならないのも一人暮らしの大変なところと言えます。

 家事も全部一人でしなければなりません。実家でなら親がすべてしてくれていたことを、自分がやらなければならないのです。夜勤明けに帰って洗濯をして干して、それが終わってからやっと寝られるというような状態です。疲れてしまいますが、慣れてくると自分なりの生活リズムがわかってくるので、順応するようになります。一人暮らしでは何をしなければならないかを自覚し、一人暮らしをスタートする方が良いでしょう。