病棟で勤務している看護師のほとんどは患者さんからセクハラを受けた経験があるといいます。具体的には下ネタ発言をされたり、お尻を触られたり、性的な部分の清拭を強要されたりといったことが挙げられます。新人の看護師がショックを受け、どうしていいかわからず退職を考えるケースもあります。「相手は患者さんだから……」と遠慮する必要はありません。むしろ、そのような遠慮がそういった人をエスカレートさせてしまうのです。泣き寝入りすることがないよう、下記の対策をしっかりと頭に入れておいてください。

セクハラをされたら怯えたり嫌な顔をしたりせず、真顔で毅然とした態度を取る

セクハラをする患者さんは、セクハラしやすそうな看護師を探しています。狙われやすいのは大人しそうでいつも笑顔を崩さないやさしい感じの看護師です。この人ならちょっとくらい手を出しても怒られないだろうと甘く見ているわけです。セクハラをされたら、まず怯えたり露骨に嫌な顔をしないことです。そういった反応をすると余計に相手をエスカレートさせてしまう危険があります。ですので、たとえば胸やお尻などを触られたら「どうして触ったんですか? そういったことは困りますのでやめていただけますか」と冷静な声で言いましょう。まじめな表情で、静かに言い聞かせるのが大切です。セクハラをする人は相手の過剰な反応を期待していますから、冷静に応じられるとしらけた気持ちになってセクハラがしにくくなります。どうしてもしつこい場合は「師長に報告させていただきます」「院長からご家族にご相談がいくことになります」などと言いましょう。

上司や同僚に相談する

一人で抱え込むのはよくありません。セクハラ行為をされたら、真っ先に上司や同僚に報告して相談に乗ってもらいましょう。そうすればセクハラをする患者さんの情報を職場内で共有することができます。そのような患者さんの担当を男性看護師に変更したり、場合によっては上司が直接患者さんに注意を与えたりすることもあります。

一人にならない

人の目があればセクハラはしにくいものです。看護の際、ドアやカーテンを開けっぱなしにしておくことも効果的です。患者さんのプライバシーのためにどうしてもカーテンなどで目隠しをしなければならない場合は二人で看護にあたるなど、一人にならないようにしましょう。