看護師のヘアスタイルは、ある程度の長さがある場合はお団子ヘアが基本です。看護師は患者さんとたくさん接するお仕事なので、見た目の清潔感が大切です。患者さんに第一印象でよい印象を持ってもらったほうがスムーズな看護を行うことができるからです。また、看護をする際に髪がばさばさと目などにかかっていると危険です。衛生的な面でもよくありません。病院での仕事では、手指に病原体が付着する可能性があります。手をこまめに洗うことは可能ですが、もし髪の毛が垂れ下がってきてそこに手を触れてしまった場合、髪の毛を洗うことはなかなかできませんよね。そこにまた手を触れ、病原体のついた手で患者さんの看護をするのは絶対にやってはいけないことです。以上のような理由から、髪の長い看護師はお団子にまとめていることが圧倒的に多いのです。

そういったわけで、簡単に崩れてしまうようなお団子ヘアでは仕事になりません。とはいえ朝の忙しいときにヘアスタイルで時間を食っているわけにもいきませんよね。そこで、簡単で崩れにくいお団子ヘアを作る方法をお教えします。用意するものは、

1.ヘアゴム

2.Uピン 2本

3.アメピン 2本

(毛髪量が多い場合はピンの数を増やします)

以上です。まず、ヘアゴムを使ってポニーテールを作りましょう。そうしたら毛先を根元のヘアゴムの部分にぐるぐると巻きつけていきます。しっかり巻きたらUピンを使って巻きつけた髪と根元の髪を挟み込むようにして左右から固定しましょう。さらに今度はアメピンで、Uピンのカーブの部分と根元の髪の毛を挟み込み、ちゃんと挟まった手ごたえを感じたらそのままピンを奥まで挿します。このとき、長いアメピンを使うとピンが反対に突き抜けてしまう可能性があるので注意しましょう。

これで完成です! Uピンをアメピンでしっかり固定するので振ったりしてもそうそう崩れることはありません。忙しく走り回っているときも崩れる心配がないと安心できますよね。