強い気持ちを持って看護師になったけれど、小さなミスを続けてしたり、周囲とうまくコミュニケーションがとれなかったりと悩み、自分は看護師に向かないのではないかと思ってしまう人がいるようです。看護師に求められる能力や資質というのは、どのようなものなのでしょう。

 看護師の仕事は人の命を預かるものです。そのため、プレッシャーもあり、責任の重い仕事と言えます。誰もが努力して国家試験に合格すれば看護師になれるのですが、やはり求められる能力はあります。まず、体力と気力が十分にあることです。看護師は仕事が多い上に夜勤や残業などがあり、拘束時間が長いです。夜勤の場合、休憩を取る間もなく朝まで働き続けることもあり、体力や気力を消耗してしまいます。また仕事中は常に周囲に気を配り、患者さんが急変した場合に迅速に対応できるようにしておかなければなりません。さらにミスが許されない職場ですから、厳しい仕事に耐えられる体力、気力が必要です。

 看護師は、自分の意思で動くよりもどちらかというと医師の指示の下で仕事をします。そのため、医師の指示を的確に理解し、迅速に行動できる人が望まれます。医師の指示をすぐに理解するのと同時に、どうすれば効率よく業務ができるかを考え、行動する力も必要とされます。医療は、医師や看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士などとチームを組んで仕事をします。そのため他の業種の人とも意思疎通が図れる、協調性が必要です。看護師同士だけでなく、医師や医療スタッフともうまくやっていける人が高い評価を得ているようです。

 そして医療は日々進歩しています。これに追い付いていくためにも、常に向上心を持って勉強をする人でないと看護師として成長できません。人から言われて勉強するのではなく、自発的に勉強を続けるような人でないと医療の最前線で働くのは難しいと言えます。忙しい毎日でも勉強する努力をする人は、看護師として活躍できるでしょう。