自分や家族が入院した時に担当してくれた看護師が素晴らしかったので自分もなりたいとか、収入が良いから、長くできる仕事だから看護師になりたいと、目指す人は多いです。看護師になるためには、学校にも行かなくてはなりませんし、それなりに費用がかかります。看護師になるには、どれくらいの費用がかかるのでしょう。

 正看護師になるためには、看護大学を卒業する方法と、専門学校を卒業する方法があります。大学は4年、専門学校は3年通います。そのため、専門学校よりも大学の方が学費はかかります。また、国公立か私立かでも費用は大きく変わってきます。国公立の大学なら、4年間でだいたい200万前後、私立なら500万円前後と倍以上の差があります。専門学校の場合は、国公立なら150万円前後、私立なら300万円前後となっています。

 誰もが考えることですが、少しでも学費を抑えるために国公立の学校の方を目指します。しかし、希望する人が多いために競争率が高く、入るのが難しくなっています。国公立に行っても、遠方で一人暮らしをしなければならない場合は生活費がかかるために自宅から通える私立を選択する人もいます。看護師としてキャリアアップを目指すなら、4年制の大学を出た方が良いので、最近では4年制大学を目指す人が多いです。もちろん、専門学校を出て正看護師になってからでもキャリアアップはできますが、学校に通わなければならないので時間と費用がかかることになります。

 看護師になりたいので学校に行きたいが、家庭の事情で学費を出すのが難しいという場合は、奨学金制度を利用することができます。日本学生支援機構という団体が有名ですが、各病院でも奨学金制度を利用しているところがあり、利用方法は様々なので確認してみると良いでしょう。病院の場合、一定期間奨学金を利用した病院で働くことで返済が免除されるシステムをとっているところがあります。これを利用するとその期間は転職できませんし、もし転職したら一括返済することといった決まりがありますので注意しましょう。