看護師は、国家試験に合格すればなれます。4年制の看護系の大学か3年制の看護専門学校を卒業して国家試験を受けます。多くの人がこのコースで正看護師になるようですが、中には准看護師の資格を先に得て、その後看護師2年課程の学校を卒業して国家試験を受けます。高校を卒業していない場合は、准看護師として3年以上の実務経験が必要となり、それから国家試験を受けることになります。つまり正看護師になるには、どの方法でも国家試験に合格しなければならないのです。

 認定看護師という資格がありますが、それになるためには看護師、助産師、保健師のいずれかの資格を持ち、5年以上の実務経験がないとなれません。実務経験というのは、病棟勤務で日勤から夜勤までの通常の業務のことを指します。夜勤専従で5年以上になると言っても、経験年数が5年と認められない場合があります。認定看護師は、日本看護協会の認定看護師教育課程か、認定看護師の育成に適格であると判断され、さらに半年以上教育機関で教育を受けなければならないのです。

 認定看護師の他に、専門看護師という資格があります。専門看護師は看護師、助産師、保健師の免許を所有している人のことです。専門看護師は、看護系の大学院修士課程を修了し、専門看護に関する単位を取っている、看護系とは違う大学院を卒業し、看護系大学院修士課程を受けて単位を取った人、これらを上回る教育を海外で受けた人、看護師、助産師、保健師の資格を取った後、5年以上の実務経験を積み、さらに特定の分野の経験を3年以上積んだ人を指します。

 認定看護師、専門看護師になるにはかなりの勉強をする必要があり、その資格を得た場合は看護のスペシャリストとして活躍することができます。当然、収入も上がりますし、立場上でも管理職クラスになれるでしょう。国家試験を受けるのは正看護師になる時だけですが、その他の資格を得る時でも勉強を続けないと簡単にはなれません。