小さな子供達にとっては「白衣の天使」と呼ばれてあこがれの職業ランキングでは常に上位に食い込んでくる看護師というお仕事ですが、実際に働いてみると、体力的にも精神的にもハードなお仕事で、タフでなければ勤まることができません。また、看護師として働くためには資格を取得する必要があり、そのために専門的な教育機関で何年も勉強し、その後で国家試験を受けるなどいくつものハードルを乗り越えて初めて、看護師として働くことができます。

看護師になりたいと思った動機にはいろいろなものがありますが、子供の頃に見た映画やドラマの中の看護師に憧れて、この世界を目指したという人は多いようです。自分が子供の頃に病気や怪我をした時に、看護師に優しくしてもらったことに感動し、自分も大人になったら看護師になりたいという動機を持つ人もたくさんいます。看護師の日常的な職務が、多くの子供達に希望や夢をあたえていることがよく分かりますね。

また、親が看護師として働いていたことが動機になっている人もたくさんいます。親の背中を見て育つと、看護師として家族のために働いている母親のように自分もなりたいと考える子供が多いのでしょう。お母さんようになりたい、という動機で看護師を目指している人は少なくありません。

また、このお仕事は一度資格を取得すればずっと有効です。数年ごとに更新する必要はなく、結婚や出産、育児などで数年間のブランク期間があっても、復職したいと思えば経験者として復職できますので、一般的な事務職などと比較すると、ライフステージに合わせて働く場所を見つけやすい資格と言えるでしょう。特に近年では全国的に看護師不足が進んでいて、地域によってはかなりの高待遇で採用している所もあるようです。看護師のように専門的なスキルを持っていない人だと、一度仕事を辞めてブランク期間があると、なかなか再就職先が見つからないということが多いのですが、看護師の場合にはその点では、比較的再就職先を見つけやすい職業と言えます。そのため、人に頼らずずっと自分で稼いでいきたいという動機で看護師を目指すケースも少なくないようです。