【看護師と准看護師】
病院で医療行為をしたり、医師の治療の補助をする人を一般的に「看護師」と呼びますが、看護師はここから更に看護師と准看護師の二つに分ける事が出来ます。准看護師は看護師よりも1ランク下の資格と認識している人は多いですが、具体的には看護師と准看護師の間にどのような違いがあるのでしょうか。

【看護師と准看護師の違い】
看護師と准看護師の一番の違いは、資格の発行元です。看護師になるためには、看護学校や大学の看護学部を卒業した上で、看護師資格を取得するための結果試験を受けて合格しなければなりません。この国家試験に合格する事で得られる看護師資格を発行しているのは厚生労働大臣です。

対して准看護師は、准看護学校を卒業した後に、准看護師資格を取得するための試験を受けなければなりません。看護師資格を得るための試験は国家試験でしたが、准看護師の資格試験を実施しているのは各都道府県知事であり、合格後に資格を発行するのも各都道府県知事です。

【どっちの方がランクが上?】
准看護師は看護師の指示に従い業務を行う事になります。公式でランク付けをされているわけではありませんが、准看護師の立ち位置は看護師の補助を行う助手的なものだと思えば分かりやすいでしょう。しかし、だからと言って准看護師の仕事が楽であったり、責任が無いものであると言うわけではありません。資格の名称や業務内容に多少の違いはありますが、准看護師も看護師と同様の業務をしています。特に近年は、各地の病院から看護師不足が訴えられています。病院側も看護師・准看護師の資格の違いにとらわれず、誠実に勤務してくれる人を求めていると言うのが実情でしょう。

【クリニックは准看護師の方が雇いやすい】
国家資格を得ている看護師を雇うには、相応の給与を支払わなければなりません。しかし看護師よりも安く雇用出来る准看護師は、個人経営の小さなクリニックでも雇いやすいのです。