保健師免許を取得するには、まず、看護師免許を取得することが先決です。看護師には、専門学校、短大、4年制大学などへ通って国家試験に合格すればなれますが、保健師は、看護師になってから養成校などで必要な知識と技術を修得して初めて国家試験の受験資格を取得できます。看護師専門学校の一部と4年生の大学へ通えば、2つの受験資格を同時に取得できます。仕事の違いは、看護師は病気にかかったり、ケガをした患者が、普通の日常生活に復帰できるように治療のサポートをすることで、主な入職先は病院、クリニックなどです。対して、保健師は、患者の治療や行動をサポートするのではなく、健康維持ができる生活を指導するのが主な仕事です。保健所、企業が設置している医務室、学校の保健室が主な仕事場です。また、病院内の健康保険センター・相談室で働いている人もいます。健康診断の計画や実施や検診結果のファイリングなども行いますが、緊急時には急病やケガ人に対して応急処置ができるのは、看護師の知識と技術を持っているからこそです。

勤務待遇を見ると、看護師は一般に給料が多い仕事と思われていますが、日勤に加えて、夜勤・残業が多いのが特徴です。また、1日中ほぼ立ち仕事で、食事・休憩時間もゆっくりととれないほどハードな職場も少なくありません。保健師は、ほとんどが日勤のみで残業も少なく、普通の会社員並みに土日祝日や年始年末・夏期・ゴールデンウイークなどの長期休暇も取得しやすいです。公務員や企業内での勤務が多いこともあり、平均的な給料は看護師と比較すると、統計上では年額で約80万円高くなっています。また、看護師は常に最新の医療技術の知識や情報の入手が欠かせず、研修や勉強会に積極的に参加をすれば自身のスキルアップを図れます。保健師は、スキルアップという点からは健康管理のエキスパートとして研鑽を積むくらいで、さほど最先端の医療技術の必要性はありませんが、心身に負担がかかりにくい職場が多く働きやすいことから、人気のある職業のひとつです。