近年はどのような業界においてもパソコンを使うことが多いですが、看護師も同様です。しかし、実際のところパソコンに強い人はIT業界でもなければそれほど多くはありません。そのため、看護師でもパソコンスキルを持っていればその点を評価され、転職に有利になることも十分に考えられることです。

たとえば、医療業界のどのようなところでパソコンを使うかというと、病院・クリニックの場合はその施設の方針次第でさまざまな業務に使われます。具体的には検査データやカルテ、サマリーなど、パソコンで管理する対象が増えてきているのが特徴です。特に大規模の医療機関になればなるほどパソコンで扱う対象が多くなる傾向にあることを知っておきましょう。

それから病院・クリニックではなく企業看護師の場合は日常的な業務でパソコンを使うことが珍しくありません。メールで企業内のコミュニケーションを取ることになることもあるので、パソコンに文章を打ち込むスキルくらいは持っておきたいところです。また本格的な企業の場合は社員の健康を詳細に把握するために複雑なソフトを導入していることもあります。そういったソフトを扱う際、高度なパソコンスキルを求められる可能性があるので、企業看護師に転職する時は注意しましょう。

持っておくと便利なパソコンスキルにはたとえば「ワードが扱えること」があげられます。ワードというのは文書を作成するためのソフトです。文書作成はどのような仕事でも頻繁に行われるものなので、看護師に限らず習得しておくといいでしょう。

他にもエクセルやパワーポイントが扱えることも「持っておきたいパソコンスキル」に含まれます。エクセルはデータをまとめる時に使えるソフトで、パワーポイントは発表用の資料の作成に役立つソフトです。

パソコンの使い方を上達させたり、スキルを身につけるにはとりあえず触ってみるのが一番です。普段から使っていれば自然に慣れていきます。